寝たいのに眠れない!「覚醒のしくみ」が頑張りすぎてしまうのはなぜ?

寝たいのに眠れない!「覚醒のしくみ」が頑張りすぎてしまうのはなぜ?

「眠れなくなる原因はこれだ!不眠症を引き起こす「覚醒のしくみ」とは?」では、「覚醒のしくみ」と「睡眠のしくみ」についてお話ししました。

それでは今回のページでは、なぜ「覚醒のしくみ」が頑張りすぎてしまうのか?についてお話ししますね。

スポンサーリンク

脳はエンジン、アクセル、ブレーキを持っている

「「ノンレム睡眠中」と「レム睡眠中」の脳の状態はこんなに違う!」でお話ししたとおり、脳には覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠「3つの作動モード」があります。

また、覚醒時には「大脳皮質(だいのう ひしつ)」という部分が活発な状態にあります。

■「大脳皮質」とは?
大脳の表層にある部分を指し、認知機能や記憶を司る役割を持つ場所。

そして、なぜ「覚醒のしくみ」が頑張りすぎてしまうのか?

を考えるためには、まずは脳がどのような状態にあるのかを考える必要があります。


■脳幹(のうかん)
大脳皮質に働きかけて覚醒を作り出す作業をしており、車で例えるなら「エンジン」の役割を担っています。

また、脳幹は中脳、橋(きょう)、延髄(えんずい)という部分からなっていますが、中脳と橋が大脳皮質に働きかけて覚醒を作っています。


■視床下部(ししょうかぶ)
脳幹に覚醒や睡眠の命令を出している部分です。

「脳は覚醒と睡眠のコントロールセンター」でもお話ししたとおり、視床下部には「覚醒センター」である視床下部外側野(ししょうかぶ がいそくや)と「睡眠センター」である視索前野(しさく ぜんや)があります。

もう少し踏み込んだお話しをすると、両者は以下の役割を担っています。

  • 覚醒センター(視床下部外側野)

実際に大脳皮質に信号を送る脳幹と繋がっている部分で、覚醒センターと脳幹が一体となって「覚醒のしくみ」を作っています。

また、細かく見てみると、覚醒センターは脳幹という「エンジン」に対して動き出すように命令をする部分でもあるので、覚醒センターを車で例えるなら「アクセル」の役割を持っています。

そして、覚醒センターでアクセルをふかすことによって、エンジンの働きが高まり、大脳皮質が活発に働き出して覚醒をします。

  • 睡眠センター(視索前野)

その一方で「ブレーキ」の役割を持ち、「睡眠のしくみ」を作っているのが、この睡眠センターです。

覚醒中にフル回転になったエンジンに対し、睡眠センターでブレーキを利かせることによって、エンジンの働きが低下するので、大脳皮質の働きも弱まって眠気が訪れます。


■体内時計
体内時計が正常に働かくなると覚醒と睡眠のリズムが乱れてしまい、「概日リズム障害」という睡眠障害が起こります。

なお、体内時計と概日リズム障害の詳細については「体内時計の乱れによって起こる「概日リズム障害」とは?」でお話しします。

脳が「覚醒」と「睡眠」を作り出すしくみ

さて、ここまで、覚醒時と睡眠時の脳の役割を車に例えてお話ししてきましたが、覚醒が必要なときには、脳幹という「エンジン」の働きが高くなり、脳幹にある神経細胞(ニューロン)「覚醒物質」を分泌します。

そして、このニューロンが分泌した覚醒物質を大脳皮質に送り込むことによって、大脳皮質が活発になり「覚醒」が作り出されるのですが、覚醒センターは、このとき脳幹に信号を送ってその働きを助けています。

つまり、覚醒センターはエンジン(脳幹)に対し、アクセルをふかして「動け!!」の命令を出しているってことですね。

これが「覚醒のしくみ」です。

覚醒のしくみ

【覚醒のしくみのイメージ】


逆に、「ブレーキ」である睡眠センターがエンジン(脳幹)に向けて「休め!!」の命令を出すことによって、ニューロンから出される覚醒物質の分泌が抑えられて、「睡眠」が作り出されます。

これが「睡眠のしくみ」です。

睡眠のしくみ

【睡眠のしくみのイメージ】


健康な状態であれば、上記2つのシステムが正常に作動しているので、安定した覚醒と睡眠を得ることができます。

ですが、一般的に不眠症では、睡眠センターがブレーキを踏んで「休め!!」の命令を出しているのにも関わらず、エンジン(脳幹)の働きは弱まることなく、ニューロンは覚醒物質を作り続けます。

ニューロンによって作られた覚醒物質は、そのまま大脳皮質に送られ続けるので、大脳皮質が活発に働き続けた結果、「不眠」や「不眠症」になるのですが、このときの状態が「過覚醒」です。

逆にアクセルである覚醒センターが「動け!!」の命令を出しているのにも関わらず、脳幹にあるニューロンが分泌する覚醒物質が足りていないと、日中でも眠気に襲われて覚醒を維持することができなくなります。

これが「過眠症」です。

つまり、エンジン(脳幹)の暴走によって「不眠症」が起こり、エンジン(脳幹)の不調によって「過眠症」が起こるわけですね。

【関連ページ】

なぜ「エンジンの暴走」が起きるのか?

それでは、なぜ「エンジンの暴走」が起こってしまうのでしょう??

その原因としては、感情やストレスを司る「大脳辺縁系(だいのう へんえんけい)」というところからの命令によるものだと考えられています。

何らかの理由によって感情が高ぶっていると、脳は「非常事態が起こってる!!」と判断します。

そして、大脳辺縁系が覚醒センターを介して、または直接脳幹に対して「動け!!」と命令を出して目を覚まさせてしまうのです。

「感情が高ぶっているとき」というのは、例えば、不安なとき、悲しいことがあったとき、うれしいことがあったとき、緊張しているとき、深く考え事をしているときなどです。

そういうときは、誰だって眠れない(寝つきが悪い)と思いますが、これは大脳辺縁系が覚醒センターや脳幹に対して「動け!!」と命令を出して、覚醒を引き起こしているからだと考えられています。

極端な例ですが、睡眠中に火事や災害、事故など大きな衝撃があったときは、ほとんどの人が目を覚ましますよね。

つまり、感情が高ぶっているときに眠れないというのは、脳の機能としては「正常な反応」をしているのです。

しかし、不安や悩み、心配事などを抱えて常に緊張状態が続いていると、大脳辺縁系は常に「動け!!」と覚醒センターや脳幹に対して命令を出し続けているため、「エンジンの暴走」が起こり、不眠や不眠症を引き起こしてしまいます。

なお、悩みの“タネ”がわかっていて、解決策もわかっているのなら、そのノウハウに従いながら解決して悩みを取り除けば良いのですが、不安神経症などでは、漠然とした不安を常に抱えていて原因がわからないこともあるので簡単ではありません。

エンジン(脳幹)が暴走するときのイメージ (「動け!!」の命令が2ヶ所からダブルパンチで脳幹に来る)

【エンジン(脳幹)が暴走するときのイメージ (「動け!!」の命令が2ヶ所からダブルパンチで脳幹に来る)】

【関連ページ】

「過覚醒」のメカニズム

先ほど上記でお話しした「正常な反応」として眠れない場合でも、それが何日も続くと「眠れない」こと自体が不安や恐怖になってしまうこともあります。

そのため、「眠れない」ことを苦痛として意識し始めてしまい、それがエスカレートすると、今度は「眠る」こと自体が恐怖になってしまうという「条件付け」が成立してしまいます。

「条件付け」とは?

あなたは「パブロフの犬」をご存知でしょうか?

有名な話しなので、ご存知かもしれませんが、ものスゴク簡単に説明すると、ベルを鳴らしてから犬にエサを与えることを繰り返し続けていたら、しばらくすると犬はベルを鳴らしただけでヨダレを出すようになったそうです。

この現象は、ベルを鳴らしてからエサを与え続けたことによって、犬は「ベルの音が鳴ったらご主人様からご飯がもらえる♪」と、思うようになり、元々興味のなかったベルの音が「好きな」音に変化したことが考えられます。

なお、上記の例は「興味ない⇒好き」の変化ですが、逆のパターンで、何か嫌なことがあってトラウマとして心が深く傷ついた場合には、今までずっと好きだったものでも、「苦手」や「嫌い」になったりしますよね。

例えば、大好きだった恋人から何度も浮気をされて裏切られ続けた結果、その相手のことが「嫌い」になったり、そのあと別れたは良いけど、それ以来、異性のことが信用できなくなって「恋愛恐怖症」になってしまったりなど……。

この場合は「好き⇒嫌い」の変化ですね。

つまり、なにかのアクション(条件)を何度も繰り返し続けることによって脳がそれを学習し、好き嫌いの感情が動いて、それが記憶に定着することを「条件付けと言います。

なお、この学習には脳の「偏桃体(へんとうたい)」という部分が関係していると考えられています。

睡眠にも「条件付け」が深く関わっている

睡眠の場合もこれと同様に「眠れない」という苦痛を何度も繰り返し感じ続けていると、次第に「眠る」こと自体が不安や恐怖に変化してしまい、睡眠に対して苦手意識を持ってしまいます。

そうなってしまうと、偏桃体が「眠れない」ことを学習し、覚醒センターにその信号が送られるため、眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

これが「過覚醒」のメカニズムです。

まとめ

不眠症になるキッカケは様々ですが、人が不眠症になってしまう背景には、言ってしまえば「不眠恐怖症」のようなものも関係しているのかもしれないですね。

ちょっと長い記事になってしまいましたが、今回の記事は以上です。

次回のページでは「むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)」についてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

実はひそかに増えてきている不眠症の症状の中に「むずむず脚症候群(RLS)」というものがあります。 別名「レストレスレッグス症候群」とも呼ば...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: