ビジネスパーソンが「うつ病」を発症する典型的なパターンとは?

ビジネスパーソンが「うつ病」を発症する典型的なパターンとは?

近年増えつつあるビジネスパーソンの「うつ病」ですが、実際にはどのようなパターンでうつ病を発症するのでしょうか?

このページでは、ビジネスパーソンが陥りやすい典型的なうつ病のパターンをイラストとともにわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

体は年齢とともに確実に衰えていく

体は年齢とともに確実に衰えていく

  • 「十分に眠っているはずなのに、最近スッキリと起きられないし、起きても体が重たい」
  • 「20代の若かった頃は4時間程度の睡眠時間でも元気だったのに、30代半ばを過ぎた辺りからは朝起きるのがツラクなった」

ビジネスパーソンを中心にそんな悩みを持つ人たちは少なくないと思います。

例えば、仕事が繁忙期で残業が増え1~2ヶ月睡眠不足が続いても、20代~30代前半くらいまでは、全く影響がなかった人もいるかもしれません。

また、「人は極度の睡眠不足になると一瞬だけ眠ってしまう」でもお話ししましたが、人の体というのは良い意味でも悪い意味でも「ある程度」の無理が効いてしまいます。

そして、極度の睡眠不足になると脳の機能を守るために、一瞬の間だけ眠ってしまう「マイクロスリープ」という現象が起こるのですが、睡眠不足が続いても「ある程度」の無理が効くのはこのオカゲです。

ですが、私たちの体は年齢とともに確実に衰えていくものですよね。

いくらマイクロスリープによって脳の機能が守られているとしても、加齢に伴って回復力なども落ちていくので、若い頃のような不規則で乱暴な睡眠状態では、脳も体も心も良いパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。

また、体の衰えに気づかないまま(または認めないまま)、睡眠不足状態でいつまでも無理を続けていると「うつ病」を発症してしまうといったケースも少なくありません。

【関連ページ】

ビジネスパーソンが「うつ病」を発症するパターン

それでは、ビジネスパーソンが仕事を無理し続けて「うつ病」を発症するパターンにはどのような経緯があるのでしょう??

典型的なパターンとしては、多くの場合が以下のStepを踏んで発症していきます。

イメージしやすいように、イラストと一緒にご紹介しますね^^

【Step1】睡眠不足が続いて脳と体が疲労し、仕事の能率が上がらず、注意力が散漫となったり、判断力が鈍ったりし始める。

【Step1】睡眠不足が続いて脳と体が疲労し、仕事の能率が上がらず、注意力が散漫となったり、判断力が鈍ったりし始める。

【Step2】そのために仕事がより山積みしていく。

【Step2】そのために仕事がより山積みしていく。

【Step3】イライラして気持ちが焦るために部下や同僚、顧客とのコミュニケーションが粗くなり、意思の疎通の齟齬(そご)が起こる。次第に仕事の質も低下していく。

【Step3】イライラして気持ちが焦るために部下や同僚、顧客とのコミュニケーションが粗くなり、意思の疎通の齟齬(そご)が起こる。次第に仕事の質も低下していく。

※「齟齬」=物事がうまくかみ合わないこと。食い違うこと。ゆきちがい。

【Step4】そんな悪循環の流れにハマっているうちに、起こるべくしてミスや失敗が発生して、上司やクライアントから叱責・非難される。

【Step4】そんな悪循環の流れにハマっているうちに、起こるべくしてミスや失敗が発生して、上司やクライアントから叱責・非難される。

【Step5】精神的ショックに疲労が蓄積した心身が耐えられず、一気にうつ病を発症する。

【Step5】精神的ショックに疲労が蓄積した心身が耐えられず、一気にうつ病を発症する。

(「一流の人は、なぜ眠りが深いのか?:奥田 弘美(三笠書房)」より引用)

【関連ページ】

あなたは大丈夫でしょうか?

もし、Step4と5のような重大なミスや強い精神的ショックがなかったとしても、睡眠不足が続くと体や脳が疲れ切ってしまうため、不眠症、うつ病、パニック障害といったメンタル面での本格的な問題を抱えてしまう場合もあります。

【関連ページ】

また、このようなメンタル面での病気を発症する人は、体力が下がりつつある中高年期の人たちだけではありません。

実は将来を期待されている優秀な若手社員や、重要なポジションを任されている30代の中間管理職の人たちにもどんどん増えていっているのです。

睡眠不足による悪影響は、もちろんメンタル面だけではありません。

免疫力の低下によって体調を崩しやすくもなります。

ヒドイ場合には糖尿病や肝機能障害、心臓疾患、ガンなどといった重大な病気を引き起こしてしまうリスクを抱える場合もあります。

これらのリスクを高めないようにするためには、まずはキチンと良質な睡眠をとることが大事です。

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回はビジネスパーソンが「うつ病」を発症する典型的なパターンについてお話ししました。

  • 「朝起きても疲れが取れた気がしない」
  • 「午前中は頭がぼ~っとしていて、仕事をテキパキと処理できない」

もし、あなたが朝目覚めたときにこのような症状や倦怠感を感じることが増えてきている場合には、睡眠に問題があるかもしれません。

それでは今回は以上となりますが、次のページでは「過緊張」についてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

ここ数年、睡眠に何らかの障害を抱えている人たちが増えており、その中でも最も多いと言われている睡眠障害が「不眠症」です。 もちろんビジネスパ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: