【不眠症対策】今日からできる!ビジネスパーソンのための快眠方法

このページでは、忙しい現代社会を生きる「ビジネスパーソン」の人たちへ、快眠生活の方法をご紹介しています。睡眠に対しお悩みを抱えている方は、是非ご参考にしてみてください。

このページでは、忙しい現代社会を生きる「ビジネスパーソン」の人たちへ、快眠生活を送るための方法をご紹介しています。

誰にでも簡単にできる方法をご紹介していきますが、急に全てを実践するのではなく、「これならスグにできそうだ!」と思うことから気楽に少しずつ取り組むことで、自然と快眠生活を送れるようになると思います。

もちろん、ビジネスパーソンだけでなく主婦や学生をされている方にも応用できる方法なので、普段満足な睡眠をとることができず、日中のパフォーマンスが下がってしまう方も、是非ご参考にしてみてください。

快眠生活を送るために大切なことは、ガチガチなルールの下で実践するのではなく、普段の生活の中でそれを心掛けることです。

そして、当サイトでご紹介する方法によって、あなたのハッピーライフのお役に立つことができれば幸いです。

スポンサーリンク

日本人の5人に1人が不眠に悩まされる時代

日本人の5人に1人が不眠に悩まされる時代

「「不眠症」とはどんな状態のこと?今すぐできるセルフチェックシート」でもお話ししたとおり、現代社会は日本人の5人に1人が何らかの原因によって不眠に悩んでいたり、睡眠に何かしらの問題を抱えていると言われています。

【関連ページ】

そもそも「不眠症」とはどのような症状を指しているのでしょうか? このページでは、医学的に見た場合の不眠症状とチェックシートをご紹介します。...

その中でも特に「バリバリの働き世代」と言われている30~50代のビジネスパーソンの不眠が深刻です。

その原因としては、これらの世代の人たちは職場や家庭内でのストレスによって、常に「過緊張」状態にあり、夜自宅に帰ってきてからもリラックスができず、脳と体を「睡眠モード」に切り替えることができないところにあります。

ですが、逆に考えるなら、脳と体の緊張を上手にほぐしてあげることができれば「良質な睡眠」をとることができるようになり、朝目覚めたときから仕事や私生活でハイパフォーマンスを発揮するためのベストコンディションを作り出せるということです。

それでは、どうすればこの緊張状態をほぐし、快眠生活を送ることができるのでしょうか?

このページでは、仕事や私生活の中で高いハイパフォーマンスを発揮させることを目的とした、快眠生活に対する基本的な考え方、朝・昼・夜・休日のそれぞれの過ごし方について、情報を発信していきたいと思います。

眠りの質を上げてパフォーマンスをアップさせよう!

眠りの質を上げてパフォーマンスをアップさせよう!

あなたはこんなことを考えたことはありませんか?

「一流」と呼ばれる人たちは、どうして一流になることができたんだろう?

恵まれた環境で生まれ育ったから?生まれ持った才能があったから?高学歴だから?容姿に恵まれたから?絶え間ない努力をしてきたから?良い人脈があったから?それとも「運」が良かったから?

人が成功して「一流」と呼ばれるためには、もちろん、こういった様々な要因があると思います。

ですが、これらの要因を影で支えている彼らの行動の中には「良質な睡眠」があることも忘れてはいけません。

なぜなら、一流と呼ばれる人たちは例外なく「眠りの質が良く、疲労回復が上手」だからです。

また、能力や才能はあるはずなのに、なぜかいつも不完全燃焼で終わってしまったり、人一倍頑張っているのに、満足な成果を上げることができないと、悩んでいる人たちは多いとは思います。

そのような場合、体調面に問題を抱えている場合もあるかもしれませんが、決して努力不足なんかではなく、多くの人たちが「良質な睡眠」をとれていないのではないかと思います。

「人は何時間眠れば「質の良い休息」と言えるの?必要な睡眠時間とは?」でもお話ししたとおり、「良質な睡眠」をとるために必要とされる睡眠時間は、人によって様々で「○時間寝ないとイケナイ」というものはありません。

【関連ページ】

巷では沢山の「良質な睡眠時間」の目安が溢れかえっています。 でも、それを目安にすれば本当に「良質な睡眠時間」と言えるのでしょうか? 例え...

ですが、ビジネスパーソンにとって大事なのは、「その日の疲れはその日の睡眠でとる」ことであり、翌日に疲れを持ち越さないことにあります。

そして、一流の人たちは、それを積極的に行っているオカゲで、常に万全の体調で高いパフォーマンスを発揮し続けることができ、結果として「一流」と呼ばれるようになるのです。

つまり、初めから「一流」という冠が用意されていたのではなく、自分自身の睡眠環境をコントロールすることによって、一流になっていったということですね。

それなら、私たちも一流の人たちと同じように睡眠の質を上げて、少しでも一流のパフォーマンスに近づいていきましょう!

【快眠の基本】快眠生活を送るための考え方

【快眠の基本】快眠生活を送るための考え方

この項目では快眠生活を送るために必要な考え方についてお話しします。

睡眠に対する心がけが大切!仕事や私生活においてハイパフォーマンスを保ち続けるにはどうすれば良いのでしょうか?実は睡眠に対しての考え方を変えるだけで、あなたの人生はグッと良くなるのです。

 

「うつ病」を発症する典型的なパターンとは?近年増えつつあるビジネスパーソンの「うつ病」ですが、どのようなパターンでうつ病を発症するのでしょうか?このページではビジネスパーソンが陥りやすい典型的なうつ病のパターンをイラストとともにわかりやすく解説します。

 

過緊張とは?ここ数年、睡眠に何らかの障害を抱えている人たちが増えており、その中でも最も多いと言われている睡眠障害が「不眠症」ですが、もちろんビジネスパーソンもその例外ではありません。

 

「完璧主義」になる必要はない!私たちが過緊張を引き起こしてしまう原因で考えられるものとしては、いくつかの「頑張りすぎ」があります。このページでは過緊張に陥りやすい人のタイプについて詳しく解説します。

 

睡眠をとる4つのメリットとは?当サイトでは、これまで睡眠をとらないことへのリスクやデメリットを沢山お話ししてきました。しかし、逆に睡眠をとるメリットとはなんでしょうか?

 

【朝の習慣】夜の「グッスリ」は目覚めたそのときに決まる!

【朝の習慣】夜の「グッスリ」は目覚めたそのときに決まる!

夜布団に入ったときに「ストン!」とグッスリ眠るための準備は、朝目覚めたそのときに決まるって知っていましたか?

この項目では夜の睡眠をスムーズにするための【朝の習慣】についてお話しします。

「睡眠の質」は朝の過ごし方次第!寝たい時間になったらキッチリと「睡眠モード」に入ために大切なことは「朝の目覚めからの行動」です。少し意外かもしれませんが、夜に「良質な睡眠」をとるための準備は、実は朝起きたそのときからスタートしているのです。

 

理想的な睡眠時間とは?普段忙しく過ごすビジネスパーソンがとるべき「理想的な睡眠時間」とは何時間なのでしょうか?

 

「朝活」や「短時間睡眠」はキケン!近年、ブームとなっている「朝活」ですが、睡眠時間を削ってまで行う「無理な朝活」というのは、脳や体に対して負担をかけているだけで大変キケンな行為でしかありません。

 

朝起きたら必ずやっておきたい5つのコトとは?体に負担をかけずに「無理のない朝活」をするにはどうすれば良いのでしょう??このページでは誰にでも簡単にできる「5つの朝活方法」をご紹介します。

 

パフォーマンスを最大限に引き出すための朝食とは?私たちが日中に最大限のパフォーマンスを発揮するためには、朝は何を食べれば良いのでしょうか?

 

朝からヤル気出すためのコツとは?朝目覚めてもスッキリ起きられずに、なかなかヤル気が出ない……なんて経験は誰にでもありますよね。そんなツライ朝をヤル気全開にさせるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

【昼の習慣】よく歩く人ほど深く眠れる!

【昼の習慣】よく歩く人ほど深く眠れる!

デスクワークが多い人はどうしても運動不足になりがちになってしまいます。

この項目では心と体の疲れのバランスを丁度良くさせるための【昼の習慣】についてお話しします。

昼寝のコツとは?お昼に沢山食べて午後からの仕事を頑張ろうとしたときに、必ずと言って良いほど襲ってくるのが午後の眠気。いわゆる「魔の時間帯」ですよね。でも、この原因というのは実は「お腹がイッパイになったから」だけではないのです。

 

日中によく歩けば夜グッスリと眠れる!人が夜グッスリ眠るためには昼間にどれだけ脳と体をバランス良く疲れさせておくかが重要なポイントです。それでは、どうすればバランス良く脳と体を疲れさせることができるのでしょうか?

 

コーヒーを飲むなら1日何杯まで?仕事中の集中力をアップさせるためや、ちょっと息抜きしたいときにはコーヒーを飲む人は少なくないと思いますが、日中にコーヒーを飲みすぎて夜眠れなくなってしまうことはよくありますよね。これを防止するためにはどうすれば良いのでしょう?

 

悩みがあれば仲間や上司に相談しよう!社会に出て働いていると必ずと言って良いほど、仕事上の「悩み」がついて回ってくるものですよね。真面目な人ほど様々な悩みを抱え込みやすいのですが、睡眠に悪影響を与えないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

【夜の習慣】朝「スッキリ!」と目覚めるためには?

【夜の習慣】朝「スッキリ!」と目覚めるためには?

翌朝「スッキリ!」と起きるためには、今夜の過ごし方次第!

この項目では朝「スッキリ!」起きるための【夜の習慣】についてお話しします。

リラックスモードをスムーズにするための夕食の摂り方とは?仕事から帰ってきて夜スムーズにリラックスモードに入るためには、どのような夕食の摂り方をすれば良いのでしょう?

 

睡眠に悪影響を与えないためのお酒の飲み方とは?1日の終わりとして夕食時に晩酌をしている人は多いと思いますが、睡眠へ悪影響を与えないようにするためには、どのようなお酒の飲み方をすれば良いのでしょう??

 

睡眠中の体温変化のしくみとは?睡眠と体温には深い関係があり、体の内部の体温は「深部体温」と呼ばれています。この深部体温の調整が上手に働かなくなるとグッスリ眠れなくなってしまうのですが、私たちが眠っている間というのはどのようにして体温が変化しているのでしょう?

 

睡眠のための入浴方法とエアコンの活用術とは?夜グッスリとスムーズに眠れるようにするためには、睡眠前の体温調整が欠かせません。このページでは、体温調整をスムーズにするための入浴方法とエアコンの活用術について解説します。

 

寝る前はスマホ厳禁!ビジネスパーソンが帰宅後にリラックスできなくなってしまう大きな原因として、IT機器(PC・スマホ・タブレットなど)の急速な発達と普及があります。私たちは今後どのようにしてこれらと付き合っていけば良いのでしょうか?

 

寝る前は自分を褒めよう!仕事が終わって帰宅したら大事にしておきたい「気持ちの持ち方」は「絶対に反省しない!」ということです。

 

さらに深く眠るためのコツとは?「自己中」と言えば一般的には“嫌われ者”の代名詞なので、そうならないように気を付けている人が多いと思います。でも、仕事が終わって自宅でリラックスしているときくらい「自己中」になってみませんか?

 

おすすめの安眠グッズや休息サプリをご紹介!

快眠生活を送るためには普段のライフスタイルやバランスの良い食生活がもっとも大切な要素ですが、それでも何かに頼りたいときだってありますよね。このページでは、そんなときにおすすめしたい安眠グッズや休息サプリをご紹介します。

 

【休日の習慣】週末楽しむから週明け頑張ることができる!

【休日の習慣】週末楽しむから週明け頑張ることができる!

週末に思い切り楽しんで来週からまた元気良く頑張りましょう!

この項目では休みが明けたら、また元気良く仕事ができるようになるための【休日の習慣】についてお話しします。

疲労回復と気分転換のコツ休日中に「疲労回復」と「気分転換」をスムーズに行うためには、どのような休日の過ごし方をすれば良いのでしょうか?

 

「仕事とは関係のないこと」をするためのコツとは?私たちが休みをとる最大の目的は、「疲労回復」と「気分転換」です。また、お休みの日は意識して「仕事とは関係のないこと」を積極的に行うことが、「最高の疲労回復方法」であるとも言えます。このページではこれをスムーズに行うための「5つのコツ」についてお話しします^^

 

休日の過ごし方とは?休み明けに最高のコンディションで仕事をするために必要なことは、休日を上手に使って心身の「疲労回復」と「気分転換」に努めることです。ですが、過緊張状態でいる場合、せっかくの休日であっても充実した時間を過ごすことができません。

 
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: