頑張るのは良いけれど全てに対して「完璧主義」になる必要はない!

頑張るのは良いけれど全てに対して「完璧主義」になる必要はない!

「ビジネスパーソンの多くが「過緊張」によって不眠症に悩まされている」では、過緊張によって不眠症を抱えるビジネスパーソンが増えていることをお伝えしました。

それではなぜ、人は過緊張を引き起こしてしまうのでしょうか?

今回のページでは過緊張になりやすい人のタイプをご紹介します。

スポンサーリンク

完璧主義の人ほど過緊張になりやすい

完璧主義の人ほど過緊張になりやすい

過緊張になってしまう原因として考えられるものは、例えば、以下のような「頑張りすぎ」があります。

  • 受注した依頼を納期や期限までに絶対に間に合わせなければいけない。
  • 量を沢山こなすだけでなく、完璧なクオリティで納品しなければいけない。
  • 周囲の人に頼って協力してもらったり、部下に任せることはせず、自分の力だけで全て成し遂げようとする。

上記のような真面目で完璧主義の気質を持つ人が日本人には特に多く、仕事をはじめ、私生活においても色々と無理を重ねてしまいます。

そして、自分の体や心の疲れを抑えつけて、自分が設定した「完璧なゴール」を達成するまで頑張り続けてしまうのです。

このような性質を医学的には「執着気質」と呼びます。

このタイプの人はいわゆる“デキる人”に多く、何でもかんでも自分でこなそうとするのが特徴です。

よくありがちなのが「人に仕事を教えるのがメンドクサイ」、「人に頼むより自分でやった方が早く終わる」、「このクオリティは自分がやらないと出せない」など、周囲の人に頼るべき仕事、部下に任せるべき仕事を巻き取ってしまうなどです。

また、このタイプの人は受けた仕事に対して自ら完璧なクオリティを求めるので、頼まれたこと以上にプラスアルファの仕事を作り出し、さらに自分で自分を追い込んでしまいます。

これが仕事中だけならまだ良いのですが、家庭を持つ人の場合は仕事だけではなく、家事や子育てなども専業主婦(夫)並みに完璧にキチンとやり遂げようと頑張ります。(特に女性に多い)

その結果、ほっと息抜きをしたり食事をゆっくりと楽しんだり、家族で楽しく団らんをするといった交感神経を緩めるための「リラックスモード」の時間がどんどん削られていき、焦ってくると脳と体を休ませるための睡眠時間も削ってしまいます。

このように、交感神経の緊張した状態がずっと続いてしまうと、自律神経のバランスが崩れて過緊張に陥ってしまうのです。

【関連ページ】

「『NO!』が言えない」人も過緊張になりやすい

「『NO!』が言えない」人も過緊張になりやすい

過緊張に陥ってしまう原因としては、完璧主義以外にも「人のために頑張りすぎる」パターンもあり、例えば、以下のようなものがあります。

  • 上司やクライアントからの期待に応えるため、明らかにキャパを越えている無理な要求をされても全て引き受けてしまう。
  • 会社の方針や上司からの命令が間違っているとわかっていても、それを指摘したら自分の立場が危うくなったり、盛り上がっている周囲の雰囲気を壊してしまうので「空気を読んで」自分の気持ちを抑え込む。
  • 同僚からの飲み会やクライアントの接待に誘われると断れない。(本当は行きたくない)

上記のような人も日本人には多く、自分よりも周囲の人の気持ちや要望を優先して応えようと、「人のために頑張りすぎ」てしまいます。

いわゆる「『NO!』が言えない」タイプですね。

このタイプで特に多いのが「良い人」、「優しい人」、「ノリがイイヤツ」と言われる人たちで、医学的には「メランコリー親和型気質」と呼ばれます。

周りからの評判や評価を過剰に気にしすぎていたり、人に嫌われたくないといった気持ちが強いタイプですね。

こうした人たちも心や体をリラックスさせるための時間を削り、周囲の人たちのために頑張りすぎてしまうので緊張状態をほぐすことがなかなかできません。

また、自分の気持ちを押し殺してしまうので、精神的なストレスがたまりやすく、自律神経のバランスが崩れて過緊張に陥ってしまうのです。

【関連ページ】

その他の過緊張になりやすい要因

以下のような場合も、過緊張を引き起こす要因となります。

  • 寝る前にスマホやネット、ゲームを行う。
  • 月に80時間以上の残業を行った。
  • 月に45時間以上の残業が連続して何ヶ月も続いている。
  • 今までに経験のしたことのない責任のある仕事を自分が中心となって進めている。
  • 仕事の繁忙期に加え、結婚、出産、引っ越し、子供の進学などのイベントが重なる。
  • 新しい部署への異動や転職など、仕事において自分の置かれている環境に大きな変化があり、気疲れすることがあった。
  • 気の合わない上司や、殺伐とした雰囲気の悪い環境の職場で長時間働いている。
【関連ページ】

頑張るのは良いけれど「適当」になることも大事

頑張るのは良いけれど「適当」になることも大事

上記のように「頑張りすぎる人」は、真面目で勤勉であることを“美徳”とし、「人の和」を大事にするように教育を受けてきた日本人には特に多くいます。

「空気を読む」なんていう技術(?)があるのも、日本人の特徴の一つとも言えるでしょうし、あなたもきっと上記のような要素をお持ちではないでしょうか。

仕事を完璧にこなしたり、人の役に立つために頑張るのは尊敬すべきことだと思います。

ですが、それがいきすぎたせいで睡眠がおろそかになり、体を壊してしまっては元も子もありません。

【関連ページ】

そのため、全てを完璧にこなす必要はなく、むしろある程度の「適当さ」を身に付けることもハッピーな人生を送るためには必要な“技術”であると私は考えています。

なぜなら、広い視野で見てみると「完璧」に仕上げなければいけないのは、ほんのごく一部でしかなく、ほとんどの場合が「適当」に行っても処理できるものだからです。

例えば、人命に関わるような局面、お金が動くとき、重要書類を作成するとき、クライアントと契約を交わすとき、セキュリティに関わるもの、後輩や部下に仕事を教えるときなど、責任の度合いが強くて優先度が高い仕事に関しては誰が見ても完璧に仕上げる。

逆に、既にマニュアルが用意されている作業、いつ誰がやっても同じ結果になる作業、ルーティーンワークなどの「作業的要素」の強い仕事に関しては適当にそつなくこなす、または人に任せる。

「適当」という言葉を出すと「手抜き」、「いいかげん」、「チャラい」、「雑」といった悪いイメージを持ってしまう人が大半だと思いますが、私はそうは思いません。

なぜなら、そもそも「適当」という言葉の本来の使い方としては、漢字を見てもわかるとおり「物事に適したものを当てはめる」というときに使う言葉だからです。

学校や資格試験などの選択問題でも「下記の中から“適当”なものを選びなさい」といった問題がよく出てましたよね?

つまり、「適当」というのは「その時にふさわしい方法で上手く対応する」ということなので、本来の意味としては、世間一般で知られているものとは全く違うものなのですね。

「そんなのヘリクツだ!!」と思われるかもしれませんが、根拠もなくそう反論する方がヘリクツだと思いますし、「適当=手抜き」が既に定着しているのも、なんだかなぁ……と個人的には思います。

また、「体は資本」とはよく言いますが、資本を作るための体を作っているのは健康であり、その土台となっているのは睡眠です。

だからこそ、睡眠をもっともっと大切にする意識を持つ必要があるのです。

【関連ページ】

それでも「私は全てにおいて完璧でありたい」、「今さら自分の性格を変えるなんて難しい」という場合には、まずは「良質な睡眠をとること」を仕事としてとらえ、完璧にこなしてみてはいかがでしょう?

そして、周囲の人たちにもしっかりと休んでもらって、翌日にはしっかりと働いてもらう。

それが結果として、あなただけではなく周囲の人たちもハッピーな人生を送ることができると想像してみたら、なんだかワクワクしてきませんか?

自分が休むのも人を休ませるのも「仕事の内」ですからね^^

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回はビジネスパーソンが過緊張に陥りやすい場面や性格についてお話ししました。

人が何かを完璧に仕上げるには、それだけの理由や目的があるはずです。

逆にもし、その理由や目的がないのであれば、時間をかけて神経をすり減らしてまで完璧に仕上げる必要はないと個人的には考えています。

なぜなら、私たちが目指すべき最終的なゴールは、何でもかんでも完璧に仕上げることではなくハッピーな人生を送ることだからです。

つまり、完璧に仕上げるのも適当に処理するのも、あくまでも“手段”でしかないのですね。

例えば、私はこのサイトの制作にあたっては完璧に仕上げることを目標としています。

その理由と目的は、読者様に少しでも睡眠の大切さを伝え、沢山の人たちにハッピーな人生を送っていただきたいからです。

それでは、今回は以上となりますが、次回のページでは「睡眠を積極的にとりたい4つの理由」についてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

当サイトでは、これまで睡眠をとらないことへのリスクやデメリットを沢山お話ししてきましたが、逆に睡眠をとるメリットとはなんでしょうか? それ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: