人は何時間眠れば「質の良い休息」と言えるの?必要な睡眠時間とは?

人は何時間眠れば「質の良い休息」と言えるの?必要な睡眠時間とは?

巷では沢山の「良質な睡眠時間」の目安が溢れかえっています。

でも、それを目安にすれば本当に「良質な睡眠時間」と言えるのでしょうか?

例えば、TVや雑誌、ネット上でよく見かけるのが「7時間睡眠が一番長生きできる睡眠時間」、「理想の睡眠時間は7時間半」、「一晩に8時間は寝るべき」、「でも、睡眠時間が長すぎるのも寿命が縮む」などなど。

巷で「良質な睡眠時間」と言われている時間は様々です。

特にネットが登場してからは色々な情報がありすぎてしまい、何が正しい情報なのか逆にわかりづらくなってしまっているのが現状です。

結局、正しいとされる「良質な睡眠時間」とは、一体何時間なんでしょう??

スポンサーリンク

「グッスリ眠れた!」と感じた時間が「良質な睡眠時間」

朝目が覚めて「スッキリ!」できた時間が、脳が求める「良質な睡眠時間」。

結論から先にお話しすると、朝起きたときに「グッスリ眠れた!」と感じた睡眠時間が、あなたにとっての「良質な睡眠時間」です。

ハッキリと睡眠時間数が言えない理由は、人が必要とする睡眠時間には個人差があり、年齢によっても大きく変わってくるからです。

そのため、冒頭で挙げた世間に出回っている情報は、科学的な根拠があるようにも述べられていたりしていますが、実はどれも正確ではありません。

もちろん、睡眠不足が続くとリスクは高くなります。

【関連ページ】

なお、アメリカで行われた大規模調査では「7時間睡眠の人が一番長生きできる」とされています。

この調査では、それ以下でもそれ以上でも寿命が短くなると結論がされたようですが、実はこの調査にはいくつかの問題点があります。

また、「年を取ると睡眠時間が短くなるのはなぜ?脳が求める睡眠要求量の変化」でもお話ししたとおり、人は歳を取るほど睡眠時間が短くなる傾向があります。

でも、調査対象に長生きの人が多ければ、平均的な睡眠時間が短くなるのは当然ですよね。

つまり、この調査では「調査対象の年齢が考慮されていない」ため、一概に「7時間睡眠の人が一番長生きできる」とは言い切れないのです。

また、認知能力を調べた実験では、7時間睡眠の人と9時間睡眠の人を比較した場合、9時間睡眠の人の方が認知能力が高い結果となったようです。

ちなみに、有名人の睡眠時間で見てみると、ナポレオンは「3時間しか眠っていなかった」と言われています。

ですが、実はよく居眠りや昼寝をしていたという説があり、それが正しければ結局は、トータルで6時間は寝ていたのではないか?と考えられています。

逆に長時間睡眠ではアインシュタインは10時間眠っていたというのも有名ですよね。

とは言っても、極端な身長や体重の高低が少ないのと同様に、だいたいの人が7時間前後の睡眠をとっているのではないでしょうか。

ただ、中にはナポレオンのように「一晩に3~4時間も眠れば疲れなんて取れる。足りない分は休憩中に昼寝をすれば良い」という人がいれば、アインシュタインのように「10時間以上眠らないと寝た気がしなくて調子が悪い」という人もいると思います。

【関連ページ】

このように、脳が必要とする睡眠時間には個人差があり、溜まっていた疲れや睡眠不足、その日の体調にも左右されます。

そのために、「何時間の睡眠がベスト」と言い切れないのです。

以上のとおり「良質な睡眠時間」というのは、自分が朝目覚めたときに「グッスリ眠れた!」と感じた睡眠時間が、現在のあなたにとって「良質な睡眠時間」ということです。

極端な言い方をすれば「眠気を感じなくなるまで」眠れば、それが現在のあなたにとって「良質な睡眠時間」であると同時に、脳が求める必要な睡眠量でもあります。

【関連ページ】

「良質な睡眠“時間数”」にこだわりすぎないことが大事

「人は極度の睡眠不足になると一瞬だけ眠ってしまう」でお伝えしましたが、人が必要とする睡眠には柔軟性があり「ある程度」の無理が効きます。

例えば、徹夜をしてでも最優先で片付けなければいけない仕事がある場合や、子育て中に起こる夜泣きで赤ちゃんを寝かしつける場合には、一時的に睡眠時間を削らなければいけません。

このような場合、睡眠不足になってしまうのですが、そんな状態であったとしても、翌日は仕事や家事などの活動をすることができますよね。

ただし、このように無理をしたあとには、埋め合わせ(「睡眠負債」の返済)をする必要があります。

そして、その埋め合わせをする場合には、覚醒していた時間が長ければ長いほど、内容が濃ければ濃いほど、次の睡眠時間は普段よりも長くて深くなります。

なお、このように「削られた睡眠時間を取り戻す」現象のことを「睡眠の恒常性(ホメオスタシス)」と呼びます。

【関連ページ】

人の体は、この「睡眠の恒常性」によって多少の無理が効くのですが、巷で出回っている「良質な睡眠“時間数”」にこだわりすぎていると「夕べ、○時間しか寝ていないから寝不足」自己暗示をかけてしまい、それが強いストレスとなります。

そのストレスによって、昼間に本来のパフォーマンスを発揮できなくなることで、またさらにストレスを重ねてしまい、今度は不眠症を生む原因にもなりかねません。

そのため「○時間しか寝ていない」と、神経質になりすぎるのも精神衛生上良くないので、巷で言われているような「良質な睡眠の“時間数”」にはあまりこだわりすぎないことが大切です。

【関連ページ】

まとめ

上記のとおり「良質な睡眠時間」は、人それぞれに脳が求める必要な睡眠量があるため、あなたが目覚めたときに「グッスリ眠れた!」と感じる時間、または「眠気を感じなくなるまで眠れば良い」ということになります。

また、脳はあなたに必要な睡眠時間をしっかりと管理しながら、必要量の睡眠をとるように上手くできているので、脳がする仕事をちゃんと信頼してあげることが大事です。

ただ、普段しっかり眠っているつもりでも疲れが取れず、睡眠中の休息が足りないなどと感じる場合には不眠サプリなどを利用してみるのも一つの手段です^^

それでは、今回の記事は以上となります。

最後までご購読いただきありがとうございました。

【↓特に効果があった不眠サプリBest3↓】


【次のページはこちら】

睡眠をとるときに第一に気にかけるものとしては、きっと沢山の人たちが「健康」や「休息」を考えるとは思います。 でも、女性にとってそれと同じく...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: