休日中に「仕事とは関係のないこと」をするための5つのコツ

休日中に「仕事とは関係のないこと」をするための5つのコツ

「休日にしておきたい「疲労回復」と「気分転換」のコツ」でもお話ししたとおり、私たちが休みをとる最大の目的は「疲労回復」「気分転換」です。

そのため、お休みの日は意識して「仕事とは関係のないこと」を積極的に行うことが、「最高の疲労回復方法」であるとも言えます。

それでは、今回はこれをスムーズに行うための「5つのコツ」についてお話ししたいと思います^^

スポンサーリンク

「休日返上」の際には「代休」取得の相談を

「休日返上」の際には「代休」取得の相談を

現代のようにストレス社会で働く私たちの心身の緊張をリラックスさせるためには、休日はできるだけ「気の置けない人たち(家族・恋人・友人)」と気兼ねなく過ごせる時間が必要です。

なぜかと言うと、休日になってまで仕事関係の人たちと接していると、どうしても仕事のことを思い出したり余計な気遣いや駆け引きが発生して、休日中にも過緊張が発生してしまうからです。

それでも、休日に合う仕事関係の人が既に恋人や友達などの「深い仲」であればまだ良いのですが、必ずしもそうであるとは限らないですよね。

例えば、

  • 嫌いな上司や顧客のために、休日を返上して接待ゴルフなどに参加しなければいけない。
  • 休日ではあるけれど、どうしても自分が出席しなければいけない打ち合わせがある。
  • ウィークデイ中に仕上げられなかった業務を休日に出社して行う。

など、社会に出て働いていれば、どうしても「休日返上」をしなければいけない場面が出てくるとは思います。

ですが、そういったことはできるだけ最小限にしておくことが大切です。

また、もし上記のように「休日返上」が発生した場合には、可能であれば「代休」取得の相談をしてみましょう。

【関連ページ】

「自分がやる必要」がなければやらない

「自分がやる必要」がなければやらない

仕事とは関係のないことであっても、休日に「仕事に準じる責任を伴う活動」に参加する際にも注意が必要です。

例えば、少年野球やサッカーチームのコーチ、ボランティア団体のリーダー役などがそれに当たります。

なぜ、こういった活動への参加に注意が必要なのか?

その理由は「仕事に準じる責任を伴う活動」というのは、休日を楽しんで「気分転換」の効果を得られるよりも、逆にストレスの方が大きくなってしまうためです。

そのため、休日中の「疲労回復」ができなくなってしまうばかりか、場合によっては仕事以上の疲労が発生してしまうこともあるのです。

また、上記のような活動以外にも、子供を預かったり引率(いんそつ)したりする活動は、学校の先生と同じくらいの責任を負うことになります。

そして、その子供に万が一のことがあれば、いくらボランティアであったとしても管理責任が問われますし、周囲の人たちとの信頼関係も失ってしまいます。

そうなってしまうと、せっかくの休日が「休日ではなくなってしまう」だけでなく、肉体的にも精神的にもどんどん追い込まれていくので、休日をとる意味がなくなってしまうのですね。

ただ、こうした社会的な活動への参加は、個人が持つ考え方やポリシーがあるため、絶対に「避けるべき」というワケではありません。

ですが、もし、このような役目を頼まれて引き受けるのであれば、あくまでも責任やプレッシャーが発生しない立場であることを確認した上で引き受けることが、良い「気分転換」をするためのコツです。

つまり、誘いや役目を頼まれた際には、

  • 「責任は伴うけれど、自分がムリしてやる必要」がなければ丁重に断る。
  • 「行っても行かなくてもどちらでも良い」程度の気持ちで気軽に参加できるポジションであれば試してみる。

と、いった活動が休日中の良い「気分転換」を生み出すのですね。

【関連ページ】

プライベートの人間関係を充実させる

プライベートの人間関係を充実させる

先ほどもお話ししたとおり、休日というのは基本的に仕事とは関係のない、家族や恋人、友達といった「気の置けない人たち」とゆったりと気ままに過ごすことが理想的です。

そうすることによって、仕事とは違って時間に追われないスケジュールでのんびりと過ごすことができるので、普段の仕事で溜まったストレスを解消することができます。

ただ、その人の性格によっては仕事に没頭すればするほどに、プライベートの人間関係が希薄になりがちです。(特に男性に多い)

そのため、定年退職後には、以下のようなパターンに陥ってしまう人たちも少なくありません。

  • 定年退職したは良いけれど、気付いたときにはプライベートを楽しめる友達がいなくなっていた。
  • 家族を顧みずに仕事に明け暮れていたため、家族との間に大きな溝が生まれてしまい、家にいても孤立して疎外感にとらわれている。
  • 自分の居場所がどこにもなくなっている。(「浦島太郎」状態)

といったパターンに陥ってしまった結果、いわゆる「退職後うつ」を発症するケースが近年では増えつつあります。

そうならないためにも、休日はできるだけ仕事から離れて、プライベートでの人間関係を充実させることを心掛けましょう。

【関連ページ】

「時間に追われる」過ごし方は避ける

「時間に追われる」過ごし方は避ける

上記では「プライベートでの人間関係を充実させる」とお話ししましたが、1点注意しておきたいことがあります。

それは、いくら家族サービスや友達との遊びであっても、カツカツのハードスケジュールを立てて仕事のように「時間に追われるタイプ」の外出やレジャーはできるだけ避けることです。

なぜかと言うと、ハードなスケジュールを立ててしまうと、休日の「疲労回復」効果がなくなってしまうのはもちろん、「時間に追われる」という感覚は、交感神経を緊張させて熟睡をジャマする原因にもなるからです。

そのため、休日はあくまでも「時間に余裕を持ってのんびりと過ごす」ことが大切です。

【関連ページ】

自分の気持ちに素直になる

自分の気持ちに素直になる

「気の置けない」家族や恋人、友達が相手のコミュニケーションであったとしても、そのときの疲労状態によっては、それ自体が逆に負担となってストレスを感じてしまうことも少なくないですよね。

そんなときには、自分の気持ちに素直に従い「自分だけの時間」を作ることをおすすめします。

なぜかと言うと、自分一人だけの空間であれば誰にも気を使わず、ゆっくりのんびりと気ままに過ごせるので余計な緊張状態を生むことがないからです。

ただ、これは「引きこもり」をすすめているワケではなく、あくまでもリラックスをするための一つの手段であることを覚えておきましょう。

このように、自分の気持ちに素直に従いながら、普段の仕事によって張り詰めた神経をゆったりと緩めることは、最高の「疲労回復」方法の一つにもなります。

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回は「仕事とは関係のないことをスムーズに行うための5つのコツ」についてお話ししましたが、ここまでの要点を簡単にまとめますね。

  • 「休日返上」の際には「代休」取得の相談をする。
  • 「自分がやる必要」がなければやらない。
  • プライベートの人間関係を充実させる。
  • 「時間に追われる」過ごし方は避ける。
  • 自分の気持ちに素直になる。

いかがでしょうか?

中には「これはちょっと難しいな……」と思えることもあるかもしれません。

ですが、せっかくの休日なのですから満足に体を休ませるためにも、できることから取り組んでみませんか?

それでは、今回は以上となります。

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

これまで何度かお話ししてきたとおり、休み明けに最高のコンディションで仕事をするために必要なことは、休日を上手に使って心身の「疲労回復」と「気...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: