うつ病など不眠症との関連が強いココロの病気の3つのタイプとは?

うつ病など不眠症との関連が強いココロの病気の3つのタイプとは?

うつ病と不眠症は、密接な関係があることがこれまでの研究によってわかっています。

また、うつ病は「ココロの病気」と言われているように、目に見える病気ではないため周囲からもなかなか理解を得づらい病気の一つでもあります。

それでは、不眠症と密接な関係を持つ「ココロの病気」にはどのようなものがあるのでしょうか?

「ストレスが原因で引き起こされる不眠症の3つのタイプとは?」に引き続き、今回は不眠症との関連が強いココロの病気の3つのタイプについてお話ししていきますね^^

スポンサーリンク

タイプ4:気分障害・感情障害による不眠症

気分障害・感情障害による不眠症とは?

この項目の中でお話しする「気分障害」や「感情障害」というのは、うつ病躁うつ(そううつ)病のことを指します。

うつ病の重症度と不眠症の重症度の相関性は高く、うつ病を発症している人のほとんどが不眠に悩まされていると言われています。

そのため、不眠を訴えてお医者さんに診てもらったら、実はうつ病の初期症状だったということがよくあるようです。

また、不眠で悩み続けている人の多くが、うつ病を引き起こしやすいことも明らかになっています。

なお、うつ病になる人の8割が不眠症で悩んでいると言われていますが、うつ病と不眠症と「どちらが先か?」といった場合、不眠症が先行することが多いと言われています。

ちなみに、これまではうつ病に伴う不眠症の特徴は、早期覚醒であると言われてきましたが、実際には、入眠障害中途覚醒が起こっていることも確認されています。

そのため、急性期のうつ病で見られる症状は、約90%の人が入眠障害や早期覚醒などの睡眠障害を持ち、不眠を訴えてお医者さんに診てもらった人の約2割がうつ病などの気分障害と診断されます。

また、うつ病の人は夜満足に眠ることができないだけではなく、日中も満足に眠ることができません。

例えば、健康な人では30~40%の人が日中に仮眠をとることができると言われていますが、うつ病の人は11~20%の人しか仮眠ができないそうです。

つまり、うつ病の人は、覚醒状態が常に高い状態にあるため、昼夜を問わず睡眠をとることが難しい状態になっているのですね。

ただ、うつ病になる人の中には、不眠症だけではなく過眠症になる人もいます。

なお、治療によってうつ病やその他の症状が良くなったとしても、60~70%の人に不眠症状が残ることが多く、うつ病の人にとって睡眠障害は重要な症状の一つとされています。

【関連ページ】

タイプ5:不安障害による不眠症

不安障害による不眠症とは?

慢性的に不安を感じて、その不安から逃げようとする行動の特徴を持つ精神疾患のことを「不安障害」と言います。

ちなみに不安障害には、パニック障害、社会恐怖、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、急性ストレス障害、全般性不安障害などが含まれます。

この項目では上記の中から主に「パニック障害による不眠症」についてお話ししたいと思います。

パニック障害の人は、自分から不眠を訴える人は多くはないようですが、実際には70~80%の人が睡眠障害を持っていると考えられており、早朝覚醒覚醒障害などが多く見られます。

また、ある研究によると、普段の生活の中で不眠を繰り返し経験する人は、健康な人が35%に対し、パニック障害の人では67%と、約2倍の数値という結果だったようです。

なお、この研究によるとパニック障害に見られる睡眠障害は、早朝覚醒と熟眠障害が特に多く見られ、入眠障害に関しては、健康な人とほとんど変わらなかったことが明らかになっています。

それでは、パニック障害になるとなぜ睡眠障害が起こるのでしょう??

その理由を探るためには、パニック障害が起こる原因から知る必要があります。

まず、パニック障害が起こる原因としては、脳内物質の「セロトニン」や「GABA」の機能に問題が発生しているためと考えられています。

この2つの物質を簡単に説明するなら、セロトニンは覚醒系、GABAは睡眠系を担当している脳内の神経物質です。

【関連ページ】

そして、パニック障害の人が強く感じている不安や恐怖は、覚醒状態を促進させてしまう作用があります。

つまり、強い不安や恐怖を感じることによって、セロトニンなどの覚醒系の物質の働きが活発になってしまったり、GABAなどの睡眠系の物質の活動が弱まってしまった結果、睡眠障害が起こってしまうのですね。

また、パニック障害は目覚めているときだけではなく、眠っているときにも発作を起こすことがあります。

この発作は、睡眠の前半に起こることが多く、ステージ1・2の浅いノンレム睡眠から、ステージ3・4の深いノンレム睡眠へ移るときによく見られます。

そして、その時に感じる不安感や動悸は、起きているときに感じるものと同様に息苦しくなることもあるようです。

そうなってしまうと、もう一度眠りに就くことが怖くなってしまうため、不眠がさらに悪化してしまいます。

このように睡眠中に起こる発作のことを「パニック発作(スリープ・パニック)」と呼びます。

なお、スリープ・パニックは、徹夜明けや睡眠不足の状態で眠りに就くと発作を起こすことが多いようです。

【関連ページ】

タイプ6:PTSDによる不眠症

PTSDによる不眠症とは?

過去に大きな事故や事件に巻き込まれたり、とても悲しい出来事や強いショックなどのストレスが心の傷(トラウマ)となって、精神的に障害が起こってしまう。

このような症状の病気を「心的外傷後ストレス障害(以下、「PTSD」)」と言います。

PTSDで主に見られるものとしては、自分の意志に関わらず、引き金になった出来事を頻繁(ひんぱん)に思い出したりする症状です。

いわゆる「フラッシュバック」ですね。

また、PTSDの人は、その出来事を思い出したくないため、トラウマに関連する場面や場所をできるだけ避けるようになります。

これにはTVや映画・音楽、ネットなどのメディアから発信される情報も含まれます。

なお、PTSDの人が訴える睡眠障害としては、入眠障害、中途覚醒、熟眠障害など様々です。

その中でも、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒がPTSDと特に深く関係しているものと考えられています。

例えば、アメリカで行われた研究では、戦争体験がキッカケで生じたPTSDによって、多くの人が20~30年近く経っても、中途覚醒を中心とした睡眠障害を訴えています。

また、入院治療プログラムに参加している元軍人を対象とした調査では、全体の91%の人が夜中に目を覚まし、44%の人が寝つきの悪さに悩まされているそうです。

悪夢を繰り返し見るのもPTSDに見られる特徴の一つ

悪夢を繰り返し見るのもPTSDに見られる特徴の一つ

PTSDの人に見られる症状として、悪夢を繰り返し見てしまうのも特徴の一つです。

例えば、健康な人の場合、悪夢を見るのは全体の20~24%だけでしかなく、見るとしても「年に1回見るか見ないか」と言われています。

つまり、ほとんどの人が悪夢を見ないということですね。

ですが、PTSDの人の場合は、全体の60%の人が「月に1回以上」の割合で悪夢を見ていると言われているため、かなりの人が悪夢に悩まされているということがわかります。

また、悪夢を見る頻度は、トラウマからの経過期間や、そのトラウマの強さによっても差があり、悪夢の内容にも大きく関わっていると考えられています。

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回は不眠症との関連が強いココロの病気についてお話ししました。

それでは、次回のページでは「睡眠衛生や薬・内科の病気が原因で引き起こされる不眠症」のタイプについてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

人はちょっとしたことが原因で睡眠が不安定になったり不眠症になってしまうことが少なくありません。 例えば、いつも飲んでいる薬や内科の病気がキ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: