ストレスが原因で引き起こされる不眠症の3つのタイプとは?

ストレスが原因で引き起こされる不眠症の3つのタイプとは?

「「不眠症」とはどんな状態のこと?今すぐできるセルフチェックシート」では、不眠症の症状について基本的なことをザックリとお話ししましたが、様々なタイプの不眠症があります。

それでは、不眠症というのは実際にはどのようなタイプがあるのでしょう?

「睡眠障害国際分類(ICSD)」では、不眠症のタイプを以下のとおり9項目に分類しています。

1)適応障害性不眠症

2)精神性理性不眠症

3)逆説性不眠症

4)気分障害、感情障害

5)不安障害、パニック障害

6)心的外傷後ストレス障害(PTSD)

7)不適切な睡眠衛生

8)薬剤もしくは物質による不眠症

9)内科的疾患による不眠症

ただ、上記全てのタイプの症状を当記事に載せてしまうと、とんでもなく長い記事になってしまうので、今回は「1」~「3」、次回は「4」~「6」、最後に「7」~「9」の順番で、3回のシリーズに分けて解説していきますね^^

■睡眠障害国際分類(ICSD)とは?

睡眠障害国際分類(すいみんしょうがいこくさいぶんるい、英: International Classification of Sleep Disorders、略称 ICSD)は、アメリカ睡眠医学会(英語版)がヨーロッパ睡眠医学会、日本睡眠学会、ラテンアメリカ睡眠学会の協力により策定した睡眠障害の分類である。「睡眠および睡眠医学分野の臨床医・研究者のための一次的な診断学的疫学的な符号化資源」

(Wikipedia「睡眠障害国際分類」より引用)

※ウィキでは不眠症のタイプを11項目に分類していますが、当記事ではわかりやすくするために、9項目に分類させていただいています。

スポンサーリンク

あなたが抱える「不眠」は一時的なもの?慢性的なもの?

「不眠症は「主観的な」病気」でもお話ししたとおり、不眠症というのは「主観的な」病気です。

本人が「眠れない」ことを強く訴えていて、肉体的・精神的に苦痛を感じ、日常生活に問題が発生していれば「不眠症」ということになってしまいます。

ですが、それが一時的なものであるのか、それとも長期に渡るものであるかによって、また見方が変わってくるため「眠れない=不眠症」であるとは限りません。

そのため、不眠症のタイプをご紹介する前に、一過性(一時的な)の不眠、急性的な不眠症、慢性的な不眠症について先にお話ししていきたいと思います。

なお、ここで言う「不眠」の基準については、「今すぐできる不眠症セルフチェックシート」で紹介した「アテネ不眠尺度」「6点以上(不眠症の疑いがある)」だった場合を想定しています。

【関連ページ】

一過性不眠(一時的な不眠)

睡眠を取ることに問題があり、満足に眠れない期間が1週間以内の不眠の場合、「一過性不眠」と呼ばれます。

この状態では、一時的なものである可能性があるため、まだ「病気」とは言い切れません。

そのため、身の回りの睡眠環境を改善してみたり、不眠の原因となるストレスを上手に対応していけばまたいつものように眠れるようになります。

ですが、もしどうしても眠れないようであれば、薬局で売っている睡眠改善薬やネット通販などで売っているような不眠サプリを使ってみるのも解決策の一つです。

ただ、薬局で売っている睡眠改善薬を使っても値段が高い割には満足な効果は見られたことがありません。

そのため、私の場合は不眠対策サプリを使った方が高い満足感を得ることができています^^(もちろん商品によっては相性や個人差はあります)

【↓特に効果があった不眠サプリBest3↓】

【関連ページ】

急性不眠症

不眠状態が1~3週間続く場合には、「急性不眠症」と呼ばれます。

※ここで初めて「不眠症」となるのですね。

また、急性不眠症では、不眠だけでなく、日中に下記のような症状があらわれるようになります。

  • 倦怠感(けんたいかん)がある。
  • 集中力、注意力、記憶力の低下。
  • 社会的機能の低下。
  • ヤル気が出ない、モチベーションが上がらない。
  • 日中に強い眠気がある。
  • 仕事中のミスが増える。
  • 乗り物の運転中の事故のリスクが高くなる。
  • 睡眠不足によって緊張や頭痛が生じたり、消化器官にも問題が生じる。
【関連ページ】

慢性不眠症

不眠状態がさらに3週間以上続くと、「慢性不眠症」と呼ばれるようになります。

それでは、これらを踏まえた上で、以下では不眠症のタイプを解説していきますね^^

【関連ページ】

タイプ1:適応障害性不眠症

適応障害性不眠症とは?

仕事や家庭環境などに上手く適応することができず、それがストレスになって起こる睡眠障害がこの「適応障害性不眠症」です。

例えば、仕事や家庭内でのトラブル、周囲からのプレッシャー、悲しい出来事などによって、強いストレスを抱え込んでしまい眠れなくなる症状です。

現代社会を生きる私たちの身の回りには、上記以外にもそこら中にストレスの元となる場面が転がっています。

そのため、この病気に限らず、睡眠障害の原因の多くがストレスによるものだと言われています。

なお、ストレスによる体への影響は、不眠以外にも以下のようなものがあります。

  • 高血圧
  • 心臓病
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 胃腸疾患
  • 免疫機能障害

など。

また、ストレスへの精神的な反応としては、不安や怒り、攻撃性、抑うつ、燃え尽きなどがあり、適応障害性不眠症にはこれらの症状がよく合併します。

【関連ページ】

タイプ2:精神生理性不眠症

精神生理性不眠症とは?

「不眠」そのものを強く意識して、眠れないことに対して不安や恐怖心を覚えてしまう。

そして、それが原因で精神的に追い込まれて、慢性的に不眠になってしまうことを「精神生理性不眠症」と言います。

実は、不眠症を起こす病気の中でも、一番多いと言われているのがこの症状です。

人は精神的にストレスが高くなると、一時的に眠れなくなるときは誰にでもあります。(一過性不眠)

ですが、通常であれば不眠の原因となっているストレスが解消されれば、またいつものように眠れるようになります。

しかし、この病気の場合には睡眠に対するこだわりが必要以上に強い人が多く、「眠れない」ということ自体がストレスとなってしまいます。

さらに、「眠らなきゃ!!」という焦りの気持ちが余計に精神的に追い込んでしまいます。

そうなってくると、不眠に対して不安や恐怖感が生まれてしまい、それがまた新しいストレスになって慢性的な不眠を引き起こしてしまうのです。

つまり、「負」のスパイラルということになってしまうのですね。

この精神生理性不眠症に見られる睡眠障害の症状としては、寝付きが悪くなる「入眠障害」や、夜中に途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」などがあります。

この場合、睡眠ポリグラフ検査をしたときには、自覚的な症状のとおり、ベッドに入ってから寝つくまでに時間がかかったり、浅いノンレム睡眠が増えて夜中に目を覚ますことが多く見られます。

この病気を発症するキッカケは、上記のようなストレスの他、引っ越しや転勤などによる環境の変化、体の病気、入院などがあります。

また、中高年の女性に多く、神経質な性格で完璧主義の人にも多く見られるようです。

【関連ページ】

タイプ3:逆説性不眠症

逆説性不眠症とは?

実際には十分に眠っているのに「ゼンゼン眠れない!」と強い不眠を訴え、検査をしてみても睡眠障害の証拠が見られない不眠症を「逆説性不眠症」と言います。

つまり、本人の訴えと検査の結果が「逆」ということですね。

本人は真剣な顔をしながら言っているので、決してウソを付いているツモリはありません。

ですが、先ほどお話しした「精神生理性不眠症」の人のように睡眠に強いこだわりを持っていたり、神経質ということではありません。

この症状でいる人の場合、大げさとも言えるくらいに「全く眠れない!!」、「一晩中起きていた!」と不眠を訴えることがあります。

しかし、睡眠ポリグラフでの検査では、入眠までの時間や総睡眠時間などは健康な人と同じです。

ただ、脳波テストで見た場合には、深い睡眠が減って通常とは違うパターンになっているため、全くの異常がないわけではないようです。

なお、逆説性不眠症の有病率は明らかにはなっていませんが、不眠を訴えて受診をされる人の内、この症状を訴える人は全体の5%以内と考えられています。

また、男女の比率は不明ですが、20~40代の女性に多いと推測されています。

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回は主にストレスが原因となって発症してしまう不眠症についてご紹介しました。

なお、「逆説性不眠症」については、私の手元にある資料では、原因の確認ができなかったため、ストレスとはまた別の問題がある可能性があります。

それでは、次回のページでは「不眠症との関連が強いココロの病気」についてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

うつ病と不眠症は、密接な関係があることがこれまでの研究によってわかっています。 また、うつ病は「ココロの病気」と言われているように、目に見...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: