牛乳を飲むと寝つきが良くなるって本当?睡眠への効果は?

牛乳を飲むと寝つきが良くなるって本当?睡眠への効果は?

眠れないときには「牛乳を飲むと良い」と、昔からよく言われていますよね。

私自身も過去には寝つきを良くするために牛乳を少し温めて飲んでから、眠りに就いていたことがありました。

当時は根拠なんて考えたことはなかったのですが、温めた牛乳を飲んでから眠りに就くと「なんとなく」寝つきが良くなっていたのを覚えています。

でも、牛乳を飲むと睡眠に効果があるのは本当なのでしょうか??

その根拠はどこから?

寝る前に牛乳を沢山飲めばそれだけ効果が期待できるの?

このページでは、そんな疑問にお応えすべく、「牛乳による睡眠への効果」について、お話ししていきたいと思います^^

スポンサーリンク

牛乳による睡眠への効果とは?

牛乳による睡眠への効果

「牛乳を飲むと寝つきが良くなる」と言われる根拠としては、牛乳には必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」という物質が含まれているためであると考えられています。

ちなみに、このトリプトファンという必須アミノ酸は、体内では作ることのできない物質であるため、牛乳などの食品から摂取する必要があります。

また、トリプトファンは別名『ハッピーホルモン』と呼ばれる「セロトニン」の原料であり、このセロトニンは朝起きて光を浴びることによって分泌がされる脳内物質です。

【関連ページ】

そして、このセロトニンは夜になると『睡眠ホルモン』と呼ばれる「メラトニン」に変化し、眠気を誘い出します。

つまり、ここまでにわかったことは、

1)起きて光に当たると「セロトニン」が分泌される。

2)牛乳から「トリプトファン」を摂取。

3)セロトニンの分泌を助ける。

4)夜になるとセロトニンが「メラトニン」に変化する。

5)眠気が誘い出される。

ということであるため、眠れないときには「牛乳を飲むと良い」と言われている根拠なのですね。

朝起きてから光に当たることで、「セロトニン」が分泌される。食品から「トリプトファン」を摂取することでセロトニンの分泌が助けられる。

【トリプトファンの役割】

↓   ↓

朝に分泌された「セロトニン」が夜になると「メラトニン」に変化して眠気を誘いだす。深い休息に繋がりグッスリと眠れるようになる?

【セロトニンの役割】

【関連ページ】

実は牛乳には直接の睡眠効果はない?

牛乳には直接の睡眠効果はない?

このように、「寝る前に牛乳を飲むと睡眠に良い」とされるだいたいの根拠はわかりました。

でも、ちょっと待ってください?

たしかに、牛乳を飲めばトリプトファンを摂ることができるのでセロトニンの分泌が助けられます。

そして、朝起きたときに分泌されたセロトニンは、夜になるとそのままメラトニンに変化するので睡眠には効果的かもしれません。

ですが、この順序でいくと、トリプトファンを摂ってからセロトニンがメラトニンに変化するまでにはずいぶん時間がかかってしまいますよね。

つまり、どういうこと??

結論を言ってしまえば、実は牛乳には「直接の睡眠効果はない」ということなのですね。

理由は簡単で、先ほどもお話ししたとおり、牛乳を飲んでからトリプトファンが最終的にメラトニンの分泌に影響を及ぼすまでには「時間がかかる」からなのです。

これは牛乳だけでなくトリプトファンを含む全ての食品にも同じことが言えます。

それでは、牛乳で睡眠の効果を得るためにはどうすれば良いのでしょうか??

【関連ページ】

牛乳だけでは睡眠への効果を得ることはできない

牛乳だけでは睡眠への効果を得ることはできない

結論から先に言ってしまいますが、残念ながら牛乳だけでは睡眠への劇的な効果は期待できません。

ただ、もし牛乳で睡眠の効果を得たいと思うならば、朝起きたときのタイミングで飲むのがおすすめです。

なぜかと言うと、先ほどもお話ししたとおり、牛乳に含まれるトリプトファンを朝起きたときに摂取することで、セロトニンの分泌が助けられるからです。

ちなみに、普段の生活の中で必要なトリプトファンの摂取量は、個人の体重によっても異なりますが、一般的には体重1kg当たり、2mg程度が目安であると言われています。

トリプトファン目安摂取量
体重 トリプトファン
1kg 2mg程度
成人男性(70kg) 140mg程度

なお、牛乳には200g当たり82mgのトリプトファンが含まれているので、朝起きたらご自身の体重に合わせながら必要量を飲んでから出勤するのが良いでしょう。

ただし、不眠症やうつ症状などの改善を目的とする場合には、上記の目安摂取量では足りないと言われてるため、あくまでも参考程度に留めておいてください。(出典:「トリプトファンを多く含む食品はこれだ!実際に摂取できる量を算出」)

さて、話しを元に戻しますが、それではなぜ牛乳だけでは睡眠への効果は期待できないのでしょうか??

その理由は、セロトニンの分泌を助けるためには、トリプトファンだけでは足りないからです。

トリプトファン自体は牛乳だけでなく、肉類・魚介類などにも多く含まれていますが、セロトニンの分泌を助けるためにはトリプトファン以外にも「ビタミンB6」が必要になってくるのです。

【関連ページ】

ですが、このビタミンB6は牛乳(200mg)に対してごくわずか(特濃で0.05mg)しか含まれていません。(出典:「ビタミンB6の含有量一覧表」)

ちなみに、ビタミンB6自体は、レバーなどの肉類・かつお、まぐろなどの魚介類・バナナに比較的多く含まれていますが、トリプトファンとともにセロトニンの分泌を助けるためには1度に沢山の量を食べなければいけません。

そのため、牛乳で睡眠の効果を得るためには、牛乳を毎日飲み続けた上で、ビタミンB6を含む食品や良質な睡眠をとるのに必要なその他の栄養素をバランス良く摂る必要があるのです。

もちろん、トリプトファンの摂取に限って言えば、他の沢山の食品にも含まれているので牛乳でなければいけないということはありません。

そして、これらの栄養素を毎日バランス良く摂っている結果として「寝つきの良い体質」に貢献しているということになるのです。

夜に牛乳を飲むのなら温めてから飲んだ方が良い

夜に牛乳を飲むのなら温めてから飲んだ方が良い

上記を踏まえ、それでも睡眠への効果を目的として、夜寝る前に牛乳を飲むのであれば、就寝時間の1時間前くらいに少し温めて飲んでおくのがおすすめです。

なぜかと言うと、牛乳を温めて飲むことで、体の深部体温をほど良く上げて「体温の落差」を作ることができるからです。

また、オリゴ糖や脂肪分などが摂れて、多少の空腹感を満たすことができるので、こうした面から見れば、寝つきへの効果が期待できるかもしれません。

ただ、牛乳は体質によっては、お腹を壊してしまう人もいるので、飲み過ぎには注意しましょう。

【関連ページ】

睡眠に良い休息成分を効率的に摂るなら不眠サプリが便利

先ほどもお話ししたとおり、食品で良質な睡眠を得るためには、セロトニンの原料となるトリプトファンやビタミンB6を含め、様々な栄養素を食品からバランス良く摂る必要があります。

ですが、必要な栄養素を「バランス良く摂る」とは言っても、なかなか簡単なことではないのが正直なところですよね。

例えば、トリプトファンやビタミンB6は、肉や魚介類などに多く含まれていますが、睡眠のためだけにそればかり摂っているわけにはいきません。

しかも、そのせいで栄養が偏ってしまい、逆に体を壊してしまっては本末転倒ですよね。

また、食事メニューには好き嫌いもあるので、そういう場合には必要だとはわかっていても避けてしまいますよね。

私も正直好き嫌いが多いのですが、そんなときには不眠サプリを利用すれば、良質な睡眠や深い休息に必要な栄養素を一度に効率良く手軽に摂ることができるのでとても便利です^^

【↓特に効果があった不眠サプリBest3↓】

まとめ

以上のとおり、今回は「牛乳による睡眠への効果」についてお話ししました。

今回わかったことは、牛乳自体には直接的な睡眠の効果はないにしても、他の栄養素もバランス良く摂ることによって、結局は巡り巡って間接的に睡眠に繋がっていくということですね^^

それでは、今回は以上となります。

最後までご購読いただきありがとうございました。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: