過緊張状態になってしまっているときの休日の過ごし方とは?

過緊張状態になってしまっているときの休日の過ごし方とは?

これまで何度かお話ししてきたとおり、休み明けに最高のコンディションで仕事をするために必要なことは、休日を上手に使って心身の「疲労回復」「気分転換」に努めることです。

ですが、以下のような過緊張状態でいる場合、せっかくの休日であっても充実した時間を過ごすことはできません。

  • 布団に入っても仕事や人間関係のことが頭から離れず、気になって仕方がない。
  • 体は疲れているのに妙に頭が冴えて、寝つけないことがある。
  • 仕事や人間関係の夢をよく見て、夜中や早朝に目覚める回数が増えた。
  • ちょっとしたことでイライラを感じやすく、以前より怒りっぽくなった。
  • 家に帰っても、時間に追われて焦っている感じがして落ち着かない。
  • 今まで気にしなかった物事が不安になり、あれこれと思い悩んでしまう。
  • 感情のアップダウンが激しくなり、自分でコントロールしにくくなっている。
  • 頭痛、動悸、ひどい肩コリなどに悩まされることが増えた。
  • 歯をぐっと噛みしめたり、貧乏ゆすりをしていたりすることが増えた。
  • 便秘、下痢、胃もたれ、耳鳴り、目まいなどがよく起こる。

(「一流の人は、なぜ眠りが深いのか?:奥田 弘美(三笠書房)」より引用)

これらの症状が多ければ多いほど、あなたの体の自律神経のバランスが乱れていて、過緊張になっていると考えられます。

もし、休日になってまで上記のような過緊張状態になっている場合には、どうすれば良いのでしょう??

それでは、今回のページでは「過緊張状態でいるときの休日の過ごし方」について、お話ししていきたいと思います^^

スポンサーリンク

ひたすら「心身を緩める」ことを意識する

ひたすら「心身を緩める」ことを意識する

普段からハードスケジュールの仕事、プレッシャーの高い仕事、変化の多い仕事に従事している場合、過緊張に陥りやすくなります。

もし、あなたがそのような状況にいる場合には、休日はひたすら「心身を緩める」ことを意識して過ごしましょう。

ですが、中には休日を使ってまでセミナーなどに参加するビジネスパーソンも少なくありません。

しかし、冒頭で挙げたような過緊張の症状が出ている場合には、できるだけセミナーなどの勉強会への参加は控えるようにし、自宅でのんびりとゆっくり過ごすことが大切です。

なぜかと言うと、過緊張状態でいるときにセミナーなどに参加すると心身の緊張をさらに上乗せしてしまうからです。

「のんびりゆっくり」の過ごし方は人それぞれあるとは思います。

中でも私が提案する一番のおすすめの過ごし方は何も考えずに「ぼ~っ……」と、過ごすことです。

「ぼ~っ……」と、過ごすというのはソファやベッドでゴロゴロとしているのではなく、心の中をカラッポにして精神的にリラックスをするという意味です。

例えば、休日は頭を使わずに何も考えないようにして、その日はできるだけ時計を見ないで過ごしているだけでも、心身の緊張を緩めることができます。

また、このときに意識しておきたいポイントとしては、積極的な「気分転換」をするよりも、とにかく「疲労回復」を優先することです。

もし「ぼ~っ……」と、しているのに飽きてきたら買い物や散歩に行くのもアリです。

逆に疲れが溜まっているから「外に出たくない」、「人に会いたくない」と感じているときには、1日中家の中でのんびりと過ごすのもアリだと思います。

このように、「心身を緩める」ための過ごし方を1日の中でたっぷりと満喫することによって、多少であれば過緊張をほぐすことができます。

是非、あなたなりの「ぼ~っ……」と、を実践してみてください^^

【関連ページ】

過緊張状態のときは旅行も控える

過緊張状態のときは旅行も控える

先ほどもお話ししたとおり、過緊張状態が休日にも続いている場合には、セミナーなどの勉強会への参加は控えた方が良いです。

これは、セミナー以外にも他人と勝敗を競うような激しいスポーツ、頭を必死に使わなければいけないタイプの自主的な学習をする場合にも同じことが言えます。

また、過緊張状態にいるときには、休日や連休を使っての遠出や旅行などもできれば控えた方が良いでしょう。

なぜかと言うと、過緊張の症状は体の疲れが重なれば重なるほど悪化していくからです。

例えば、過緊張の症状が出ていない状態であれば、休日中のスポーツやセミナーなどの勉強会への参加、お出かけや旅行などの刺激は良い「気分転換」になります。

しかし、先述のとおり、既に過緊張状態でいるときに、こういった活動や行動を起こしてしまうと、心身の緊張をさらに上乗せしてしまうだけです。

また、いくら「気分転換」のためとはいっても、長距離で知らない土地を運転したり、バスや電車などの公共の交通機関を乗り継いだりすると、気疲れがしますし、体力も消耗してしまいます。

そのため、過緊張気味に陥っているビジネスパーソンがゴールデンウィークなどの連休中に家族や仲間と泊りがけの旅行をし、連休明けになって一気に疲れが出るといった、いわゆる「五月病」と呼ばれる抑うつ状態になってしまう場合も少なくありません。

このような「五月病」になってしまうのも、まさに「気分転換はできていても疲労回復はできず、むしろ、心身の疲れが悪化した」典型的なパターンであると言えます。

【関連ページ】

休日こそが「深い休息」をとるための最大のチャンス!

休日こそが「深い休息」をとるための最大のチャンス!

「休み明けの前日は「7時間」以上眠る」でもお話ししたことがありますが、休日というのは日頃溜まった疲れを取るための最大のチャンスです。

そして、睡眠というのは日頃の疲れを取るための最高の手段です。

つまり、私たちにとっては休日こそが「深い休息」をとるための最大のチャンスでもあるのですね。

また、人生の長期に渡ってベストパフォーマンスを発揮し続けている人たちというのは、必ず「休むときはしっかりと休む」ことを徹底しています。

そのため、これまで何度かお話ししてきたとおり、最高のコンディションを作るためには「良質な睡眠」が欠かせません。

そして、その最高のコンディションがあってこそ私たちはベストパフォーマンスを発揮することができます。

そのベストパフォーマンスをいつまでも発揮し続けるためには、普段から「良質な睡眠」をとることを心掛け、最高のコンディションを整えておくことが大切です。

ただ、普段の睡眠では満足な休息がとれていないという人たちも少なくないと思います。

そんなときには、不眠サプリを利用してみるとより深くて満足度の高い休息を期待できるので便利です。

実際、私自身もサプリを飲んでから眠ると深い休息を実感できることが多くあります^^

【↓特に効果があった不眠サプリBest3↓】

【関連ページ】

まとめ

以上のとおり、今回は「過緊張状態でいるときの休日の過ごし方」についてお話ししました。

さて、これまで約30ページ(正確には26ページ)に渡ってお話ししてきた「ビジネスパーソンのための快眠方法」については、今回のページが最後になりますが、いかがだったでしょうか?

もしかしたら、あなたの環境によっては、中には実践が難しいこともあるかもしれません。

その場合には、できることから一つ一つ取り組んでみましょう。

ただし、どれを実践する場合にも、1点注意しておきたいことがあります。

それは、決してガチガチのルールの下で実践しないようにすることです。

ガチガチのルールにしてしまうと、逆にそれ自体がストレスとなり、状況が悪化してしまう恐れがあります。

そのため、あくまでも「気軽に楽しく」をモットーにしましょう!

大切なのは、睡眠に対する意識を今までよりもほんの少しだけ強く持ち、普段の生活の中でそれを心掛けることです。

そして、当サイトでご紹介してきた快眠方法の一つ一つが少しでも多く、あなたのハッピーライフのお役に立つことができれば幸いです。

それでは、今回は以上となります。

最後までご購読いただきありがとうございました。

【関連ページ】

【最初から読み直す】

このページでは、忙しい現代社会を生きる「ビジネスパーソン」の人たちへ、快眠生活を送るための方法をご紹介しています。 誰にでも簡単にできる方...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: