ランチ後に眠くなるのはなぜ?昼寝をするなら何時間くらいが丁度良い?

ランチ後に眠くなるのはなぜ?昼寝をするなら何時間くらいが丁度良い?

午前中の仕事を頑張って12時になると訪れるのが、楽しみに待っていたランチタイム♪

このランチタイムに何を食べてどう過ごすかによって、午後のパフォーマンスが変わると言っても過言ではないですよね^^

そして、楽しかったランチが終わって「さぁ!午後も頑張るぞっ!」と思って意気込んでみたは良いけれど、私たちは午後の仕事以外にも頑張らなくてはいけないものがあります。

それは、お腹が落ち着いた頃にやってくる「睡魔との戦い」です。

ランチ後、だいたい1~2時間くらいは「魔の時間帯」として苦しめられる人が多いと思います。

ですが、午後の頑張りのためにランチでエネルギーを補給したのに、睡魔という悪魔にジャマされて仕事がはかどらないんじゃ、元も子もないですよね><

それでは、この昼食後にやってくる睡魔はどこからやってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

昼食を摂らなくても午後の眠気は襲ってくる

昼食を摂らなくても午後の眠気は襲ってくる

冒頭でもお話ししたとおり、昼食後の1~2時間は「魔の時間帯」として、私たちは睡魔と戦いながら仕事を頑張らなくてはいけません。

また、昼食後にやってくる睡魔の原因としてよく挙げられるのが「お昼に食べすぎたから」と思っている人が多いのではないでしょうか。

その理由としては、人はお腹イッパイまで食べると、血糖値が上がり、覚醒を維持させるための「オレキシン」という脳内物質が分泌されなくなるため、結果として「食べすぎた=眠くなる」から。

でもこれだけじゃ、ちょっとスッキリしなくないですか?

なぜって?

実際、ランチにお腹イッパイまで食べなくても、午後は眠気が襲ってくるし、朝と夜は沢山食べたあと少しは眠くはなりますが、「魔の時間帯」ほどの眠気は襲ってこないですよね?

もし、単純に「食べすぎた=眠くなる」だけが原因だったら、朝食後と夕食後にも、昼食後のように「魔の時間帯」と同じくらいの眠気が襲ってくると思うのですが、そこまでの眠気が来ないのはなぜでしょうか。

実は、私たちは「概日リズム(24時間周期の生体リズム)」のほか、半日周期の生体リズムも持っており、お昼過ぎ(だいたい13~14時頃)になると、一時的に眠気が襲ってくるように体内時計がセットされているからなのです。

この半日周期の生体リズムのことを「概半日リズム(がいはんじつりずむ)」と言います。

つまり、お昼過ぎに襲ってくる眠気は、人が元々持っている生理的な現象で「そもそも昼食を摂る摂らないに関わらず、前日にしっかり眠っていても眠くなる」ってことですね。

これに加え、お腹イッパイに食べたときの作用も働くため「眠気のダブルパンチ」となって、昼食後1~2時間は「魔の時間帯」となるわけですね。

ランチ後は1~2時間後が眠気のピーク

【ランチ後は1~2時間後が眠気のピーク】

【関連ページ】

「魔の時間帯」との上手な付き合い方

「魔の時間帯」との上手な付き合い方

お昼過ぎの眠気は前日までの疲れや「睡眠負債」が多いほど、強烈なものとなるため、忙しい現代社会を生きる私たちにとって避けては通れないものなのですが、せっかくなら上手に付き合っていきたいですよね。

それでは、どうすれば上手に付き合っていくことができるのでしょう??

そのコツは以下の2点です。

  • ランチに摂る食事の量は「腹7分目」まで。(多くても8分目まで)
  • ランチ後は10~20分程度の昼寝をする。

「これだけ?」と思われるかもしれませんが、以下で詳しくお話ししていきますね^^

【関連ページ】

ランチは「腹7分目」まで

ランチはちょっと物足りないくらいが丁度良い

先ほどもお話ししたとおり、人はお腹イッパイまで食べると血糖値が上がり、覚醒を維持させるための「オレキシン」が分泌されなくなるため、結果として眠気が襲ってきます。

また、人が持つ「概半日リズム」によって、13~14時頃に眠くなるよう体内時計がセットされているため、丁度良い時間帯に「眠気のダブルパンチ」が襲ってきます。

でも、これは逆に言えばランチはお腹イッパイになるまで食べなければ良いだけの話しですよね^^

例えば、ランチに食べる量の目安としては「腹7分目(多くても8分目)」までにしておき、「ちょっと物足りない」くらいの量を意識する。

また、炭水化物や糖質を摂ると血糖値が上がりやすくなるため、ご飯や麺類は「やや少なめ」にしながら、肉や魚や豆などのたんぱく質、野菜や海藻などのビタミン・ミネラルを多めに摂る。

ただ、炭水化物や糖質は、脳の直接のエネルギーとなるため、全く摂らないのではなくあくまでも「やや少なめ」を意識することが大事です。

また、ダイエットをしていてカロリーを意識している人ならば、昼食時は炭水化物を抜いてもOKですが、無理のない範囲内で朝食時に炭水化物を既に摂っており、空腹感がない場合としてください。

その日の体調や体質によって個人差はあるかもしれませんが、これらを意識しながらランチを摂るだけでも昼食後の眠気は軽減されます^^

ちなみに、どうしてもランチを摂る時間がないという場合には、「すっきりフルーツ青汁」のような健康食品を利用すれば、野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルを手軽に補給することができ、ダイエットもサポートしてくれるのでとても便利です^^

スポンサーリンク フルーツ味で青臭くないから飲みやすい!⇒すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

【関連ページ】

ランチ後は10~20分程度の昼寝をする

昼寝をするなら10~20分程度が丁度良い。多くても30分まで!

スペインでは「シエスタ(Siesta)」という、3時間程度の長いお昼休憩のときに「お昼寝」をする習慣があるのは有名な話しですよね。(近年では廃止にしていく傾向があるようですが)

こんなに長い休憩時間があるのは、正直うらやましい限りの話しなのですが、日本で取れる休憩時間はほとんどの企業ではせいぜい1時間まで。

そのため、日本で「お昼寝」をする場合には、どうしても時間が限られてしまうのですが、実はお昼寝の時間が長すぎると逆に良くないということがわかっています。

その理由は、30分以上の昼寝をしてしまうと深いノンレム睡眠(徐波睡眠)に入ってしまい、昼寝の域を越えて本格的な睡眠状態に脳が移行してしまうからです。

そのせいで夜になって眠れなくなったり、眠れたとしても疲れを取るための深いノンレム睡眠が取れなくなる可能性が高くなので、結果として睡眠不足になる原因にもなります。

つまり、昼寝をするなら「10~20分程度が丁度良い。どれだけ多くても30分まで」ということです。

ちなみに昼寝のコツは、カフェイン(コーヒーやお茶)を摂った後、横にならずにイスに座ったまま寝ること。

その理由としては、例えばお休みの日に昼寝のツモリで「ちょっと寝ようかな?」と思って横になって眠ると、気が抜けているので深く寝入ってしまうのを防ぐためです。(職場であれば、横になって眠ることは少ないとは思いますが)

また、コーヒーやお茶を飲むタイミングは、昼寝の直前にしておくことで目覚める頃にちょうどカフェインが効いてくるのでスッキリと起きられます。

短時間の昼寝には脳の疲れを取って気分をリフレッシュさせる効果がありますが、昼寝から目覚めた後、頭がまだぼ~っとしている場合には、窓辺に行ってみたり、時間があれば外に出て明るい光を浴びることでスッキリと覚醒しやすくなります。

【関連ページ】

まとめ

このように、10~20分程度の短時間の昼寝は、「魔の時間帯」を乗り切れるだけでなく、午前中に頑張った脳の疲れを取って気分をリフレッシュさせる効果もあるため、午後のパフォーマンス向上も期待できて一石二鳥ですね♪

それでは、今回は以上となりますが、次回のページでは「夜にグッスリと眠るための日中の過ごし方」についてお話ししますね^^

最後までご購読いただきありがとうございました。

すっきりフルーツ青汁


【次のページはこちら】

ランチ後の睡魔を上手に取り除いたら、15時以降から退社時間にかけてはパフォーマンスがピークとなる「活動タイム」に入ります。 このページでは...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: