「寝る子は育つ」は本当だった?睡眠がもたらす効果とは?

「寝る子は育つ」は本当だった?睡眠がもたらす効果とは?

寝息を立てて「スヤスヤ」と眠っている赤ちゃんの顔を見ると、思い浮かぶ言葉と言えば、「寝る子は育つ」ですよね^^

この言葉って昔からの言い伝えで、ず~っと前から使われているみたいなのですが、実際、なにを根拠として使われていたのでしょうか?

現代のように脳科学がすすんでいなかった時代から使われ続けていたと思うので、少なくとも科学的な根拠を持って伝わっているわけではないことは確かですよね。

私個人の考えとしては、昔の人は「よく寝ている子を見続けた結果、大人になったらとても立派な人になった」ため、「寝る子は育つ」と言われるようになったと勝手に思っています。

ですが、調べてみると実は科学的にも根拠のある言葉だったんですね。

スポンサーリンク

科学的にも証明された「寝る子は育つ」

睡眠中、人は成長ホルモンのシャワーを大量に浴びている。

冒頭でもお話ししたとおり、科学的にも証明されている「寝る子は育つ」。

とは言っても、「寝る子は育つ」の科学的な根拠がどこにあるのかなんて、普通に考えたらわからないですよね。

それでは、実際には何を根拠としているのでしょうか?

まず前提として、人は眠りに就いて最初の睡眠サイクルの中で深いノンレム睡眠に入ると、脳内の「下垂体(かすいたい)」というところから「成長ホルモン」が大量に分泌されます。

そして、子供の頃はこの成長ホルモンのシャワーを浴びることで、脳や体が成長していくのです。

このホルモンは、文字通り「成長させるためのホルモン」ですね。

実はこの成長ホルモンは、子供の頃だけではなく、成長期を過ぎた大人になってからも分泌がされています。(分泌される量は成長期に比べて減りますが)

これは、成長ホルモンが「成長させること」だけが目的ではなく、日中に傷付いた細胞のメンテナンスには欠かせないホルモンで、肌の調子を整える役割も果たしているためです。

つまり、十分な睡眠時間が取れないことはお肌にとっても「NG」になるわけですね。

【関連ページ】

また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。

そうなると脳の発達が遅れるだけでなく、気持ちを落ち着かせるための「セロトニン」という脳内物質が足りなくなったり、脳の働きが悪くなったりしてしまいます。

その結果、「うつ病」、「キレやすい」、「攻撃的」になってしまう原因にもなるのです。

これらのことから「睡眠=成長ホルモンの分泌=“寝る子は育つ”に繋がっていくため、科学的にも「寝る子は育つ」は正しいと結論付けられているのですね。

【関連ページ】

試験前は十分な睡眠を取ることが大事

試験前には十分な睡眠が必要!

特に学生の時期に多いと思うのですが、試験前になると本番が近付くにつれて、睡眠時間を削ってまで勉強を頑張っていたことは誰もが一度は経験してきていると思います。

寝ないで頑張る理由としては、「寝るとせっかく覚えたことを忘れてしまいそう」だったり、「寝ている時間がもったいない」だったり、他にも色々な理由があるとは思います。

実際、私も上記のような理由で睡眠時間を削りながら、学校の試験や免許・資格を取るための勉強をしていたこともあったので気持ちはよく分かります。

ですが、睡眠時間を削ってまで試験にのぞむことは、実は間違いであることが明らかになっています。

理由は簡単で、これまで何度かお伝えしてきているとおり、睡眠を取ることによって、脳のメンテナンスとともに学習した記憶を強化することができるからです。

そして、レム睡眠を取り除いたら学習した成績が落ちてしまったこと、ノンレム睡眠を取ることによって重要な記憶を脳に根付かせることもすでに明らかになっています。

そのため、睡眠時間を削ってまで勉強をするよりも、十分な睡眠時間を取りながら勉強をした方が、脳にも体にも優しい試験対策となるのです。

【関連ページ】

明日のパフォーマンスは今夜の睡眠次第!

明日のパフォーマンスは今夜の睡眠次第!

あなたは過去にこんな経験はありませんか?

スポーツや楽器、ゲームの練習をしていて、同じことを何度も何度も繰り返しているのに、その日はどうしても上手になれない……。

仕方なくその日は諦めてしばらくの間、何もせずにいたら数日後には、それまで全くできなかったことが急にできるようになった!

しかも、何もしていなかったどころか、思い出すことさえしなかったのに!!

私もこのようなことはよくあるのですが、なんでこんなことが起こるのか、とても不思議だと思いませんか?

なぜかって?

「練習を諦めてから、できるようになるまでに何もしてなかったのに」ですよ?

実はこれにも睡眠が深く関わっていることが明らかになっており、過去にはこんなテストがされています。

被験者にとあるゲームをさせるため、参加者を以下の2つのチームに分けて、どちらの成績が良くなるのか?という、いわゆる「A/Bテスト」ですね。

  • Aチーム:ゲーム後に睡眠を取る。
  • Bチーム:ゲーム後は睡眠を取らない。

ちなみに、このテストに使われたゲームは参加者全員が未経験で、当然のことながら最初は誰も上手にはできません。

しかし、同じゲームを何度も繰り返す内に、両チームの参加者はコツをつかみはじめて少しずつ上手になっていきます。

と、ここまでは普通ですが、大事なのはここからです。

ゲーム後、Aチームには十分な睡眠を取らせ、Bチームは起きたままにさせ、翌日また同じゲームをさせます。

その結果、Bチームは成績が上がらなかったのに対して、Aチームの成績は睡眠を取ることによって飛躍的に上がったという効果があらわれました。

このテストで注目したいのが、十分な睡眠を取ることによって、Aチームのレベルが「維持」されるだけでなく「向上」したことです。

これと似たような研究は他にも沢山行われています。

そして、多くのテストでは上記と同様「最初は上手にできないけれど、同じことを繰り返すことで、だんだん上手になっていき、睡眠を取ることで更に上手になっていく」ことが確認されています。

【関連ページ】

まとめ

上記のとおり、睡眠は「記憶を『維持・強化』させるだけではなく、パフォーマンスを『向上』させる」ためにも、重要な役割を持っているということです。

そのため、いくら頑張って練習しても上手くできないときは「思い切って全部投げ出して、その日は早めに寝る」ことが、成功のカギにもなるかもしれないですね^^

それでは、今回の記事は以上となりますが、次回のページでは「体内時計25時間」説の真実についてお話ししますね。

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

巷で出回っている噂やよく耳にする都市伝説の中で、あなたはこんなことを聞いたことはありませんか? 我々人類は特別な存在であり、地球上の生物の...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: