「睡眠の質」は朝の過ごし方で決まる!

「睡眠の質」は朝の過ごし方で決まる!

疲れた体で仕事から帰ってきてリラックスモードに入ったは良いけれど、眠る時間になってもなかなか寝つくことができないときってありますよね。

そんなときには朝の過ごし方に問題があるかもしれません。

スポンサーリンク

今夜の「グッスリ」は朝の過ごし方次第

朝気持ち良く起きる男性

寝たい時間になったらキッチリと「睡眠モード」に入るために大切なことは「朝の目覚めからの行動」です。

少し意外かもしれませんが、夜に「良質な睡眠」をとるための準備は、実は朝起きたそのときからスタートしています。

つまり、結論から先に言うと、朝目覚めたらできるだけ早めに「交感神経のスイッチ」を入れて、いかに上手に「覚醒モード」に入れるか?ということが朝の行動の最重要ポイントになるのです。

これはどういうことなのでしょう??

それでは、以下で解説していきますね^^

肉体と精神を「ほど良く」疲れさせる

肉体と精神を「ほど良く」疲れさせ

仕事から帰宅して寝たい時間になったら「グッスリ」と深い睡眠をとるために必要なことは、肉体と精神の「ほど良い疲れ」です。

体内の疲労物質は、日中に脳や体が活動すればするほど溜まっていくのですが、実はこの疲労物質が睡眠物質となって私たちは眠くなることが明らかになっています。

それではグッスリと深い睡眠をとるための「理想的な疲れ」というのはどのようなものなのでしょう??

この「理想的な疲れ」を端的に言ってしまうと「肉体の疲れ」と「精神の疲れ」が同じくらいのレベルでバランスの取れた状態です。

ですが、現代社会では、残念ながらそのバランスが崩れがちなのが現状です。

その原因としては、車や電車、エレベーター、エスカレーター、動く歩道などが発達し、一昔前と比べると歩く機会が少なくなり、1日の運動量が極度に減ってしまっているためです。

また、パソコンやスマホなどのデジタル機器に触れる時間が極端に増え、職場や私生活での人間関係の複雑化・希薄化が進み、「対人ストレス」も年々増加してきています。

そのため、現代社会は「精神的な疲労は溜まりやすい環境にはあるのに、肉体的な疲労が極度に少ない」といったアンバランスな状態が生まれやすくなっています。

そうなってしまうと、睡眠物質が十分に作られないだけでなく、筋肉が凝り固まって血流が悪くなったり、そのせいで体温も上がりにくくなります。

その結果として「覚醒モード⇒リラックスモード⇒睡眠モード」といったシフトチェンジを上手に行えないといった人たちが増えているのです。

このように「精神的にはクタクタに疲れているのに、なんだか頭が冴えてしまって寝つきが悪い」といった過緊張の人たちが増えていく背景には、私たちを取り巻く環境の変化が強く影響しています。

【関連ページ】

朝起きたらしっかりと覚醒モードのスイッチを入れる

朝起きたらしっかりと覚醒モードのスイッチを入れる

それでは、肉体と精神の疲れのバランスを整えるためには、どうすれば良いのでしょう??

その答えは、冒頭でも既にお話ししましたとおり、朝目覚めたら交感神経のスイッチを素早く「ON」にして、体と脳を「覚醒モード」にすることです。

【関連ページ】

朝にしっかりと覚醒モードのスイッチを入れることができれば、午前中の仕事のパフォーマンスは上がります。

また、そのオカゲで仕事をサクサクと効率良く処理していくことができるので、必然的に仕事が早く片付いて長時間の残業をすることも少なくなります。

残業時間が減ればその分、家に帰ってくる時間が早くなるので、寝る前の「リラックスタイム」も十分な時間を過ごすことができるようになります。

その結果、自然と「睡眠モード」にスイッチが切り替わって「グッスリ」と深い睡眠を取れるようになるので、朝も「スッキリ!」と起きられるようになるといった好循環が生まれるのです。

【関連ページ】

逆に朝の目覚めでしっかりと「睡眠モード⇒覚醒モード」へ切り替えておかないと通勤電車の中で「ウトウト……」しがちになってしまいます。

この場合、脳と体が「覚醒モード」に切り替わっていないため、会社に着いてからも眠気が残ったままになってしまいます。

そして、眠気がジャマをして集中できないので、午前中の早い時間からやっておくべき仕事がどんどん後ろ倒しになったり午後へ先送りになってしまい、それに伴って残業時間も増えていってしまいます。

【関連ページ】

そうなってくると、家に帰る時間が必然的に夜遅い時間になってしまうので、睡眠モードに入るために必要となるリラックスの時間も十分にとれません。(脳と体の過緊張がほぐれない)

そのため、睡眠モードのスイッチがなかなか入らなくなってしまいます。

ただし、もし入れたとしてもトロトロとした浅い睡眠状態が多くなり、ステージ3・4の深いノンレム睡眠の割合が減ってしまうので、グッスリと眠ることができず、疲れも取れないといった悪循環が生まれてしまうのです。

【関連ページ】

まとめ

今回のページは以上となりますが、上記のような悪循環に陥ってしまうのを防ぐために大切なことは、「朝目覚めたら素早く脳と体を覚醒させて活動モードに入る」ことに集中することです。

それでは次回のページでは、「ビジネスパーソンにとっての理想の睡眠時間」についてお話ししたいと思います。

最後までご購読いただきありがとうございました。


【次のページはこちら】

普段忙しいビジネスパーソンにとっての「理想的な睡眠時間」とは何時間なのでしょうか? このページでは、忙しいビジネスパーソンがとるべき最低限...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信

おすすめの関連コンテンツ

イビキ・睡眠時無呼吸でお悩みの方におすすめの低反発枕

イビキ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策にもおすすめの低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を徹底レビュー

【低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」】

「YOKONE(ヨコネ)」は、イビキや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる低反発枕です。

枕の高さが肩幅に丁度良くフィットするので、首・肩・腰に負担をかけることなくグッスリと眠ることができています。

2個セットで注文すると今なら3個目が無料になるのでご両親へのプレゼントにもおすすめです^^

主な使用素材:100%メモリーフォーム(100%ポリウレタン)/100%ポリエステル

レビュー イビキ・SAS対策の低反発枕「YOKONE(ヨコネ)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3

私が特に効果を実感できたおすすめの不眠サプリBest3です。

リンクまたは画像をクリックすると不眠サプリを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた休息効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

【第1位】月の休息:トリプトファンとビタミンB6でセロトニンの分泌をスムーズに!

セロトニンをググッとアップ!不眠サプリ「月の休息」の効果をレビュー

月の休息

自然由来のトリプトファンとビタミンB6を補給することでセロトニンの分泌がスムーズになり、質の良い深い休息をしっかりとサポートしてくれます。数ある休息系のサプリメントの中でも初日で効果を実感できた私の一番おすすめの不眠対策サプリです^^

主な配合成分:トリプトファン/ビタミンB6/テアニン/ギャバ/ビタミンB1/ナイアシン/クワンソウ

レビュー 不眠サプリ「月の休息」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第2位】グッドナイト27000:初回990円だからコスパ抜群で女性に人気の機能性表示食品☆

女性に人気の不眠サプリ「グッドナイト27000」の効果をレビュー

グッドナイト
27000

特許取得の「ラクティウム」を配合した女性に人気の不眠サプリです。休息サポート成分の配合量が圧倒的で、よりグッスリと深く眠れるようにしっかりとサポートしてくれます。定期コースを申し込むと今なら初回990円から利用できるので気軽に始めることができるコスパ抜群のサプリです^^

主な配合成分:ラクティウム(特許成分)/L-テアニン/グリシン/GABA/トリプトファン/ラフマ/カモミール

レビュー 不眠サプリ「グッドナイト27000」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

【第3位】セロトアルファ:不眠やうつ気味、イライラでお悩みなら大麦発酵酵素で毎日スッキリ♪

不眠対策サプリで評価の高い「セロトアルファ」の効果を詳しくレビュー

セロトアルファ

大麦発酵酵素を主成分とした不眠対策サプリです。トリプトファンやグリシンなどの休息成分も豊富に含まれているので満足な効果を得ることができています。不眠やうつ気味、イライラでお悩みの方におすすめのサプリです^^

主な配合成分:大麦発酵酵素/麹菌/ビフィズス菌BB536/グリシン/焼成カルシウムなど

レビュー 不眠サプリ「セロトアルファ」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

安心して眠りたい!そんなときにおすすめの安眠グッズ

私が今まで使ってきたおすすめの安眠グッズ一覧です。

リンクまたは画像をクリックすると安眠グッズを使ってみた私の体験レビューページに移ります。

各商品の特長や成分、口コミ、価格、お得な購入方法、実際に使ってみて得られた効果などを商品画像と一緒に詳しくご紹介いたします^^

二度寝をなんとかしたい方は⇒L-テアニン200mg配合の機能性表示食品「爽眠α」

L-テアニン200mg配合の二度寝対策サプリメント「爽眠α」の効果をレビュー

爽眠α

寝る前にテアニンを200mg摂取するとスッキリと目覚めることができると科学的にも確認されています。「爽眠α」には、このテアニンが200mg配合されており快適な朝をサポートしてくれます。二度寝をすることが多い人には心強い睡眠サポートサプリです^^

主な配合成分:L-テアニン/クワンソウ/大麦乳酸発酵液ギャバなど

レビュー 二度寝対策サプリ「爽眠α」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度:

 

脚が“むずむず”して眠れない方は⇒葉酸配合の鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」

むずむず脚症候群対策の鉄分補給サプリ「フィール」の効果をレビュー

Fe.eL

「むずむず脚症候群」が引き起こされる原因の一つとして現在有力視されているのが「鉄不足」です。「Fe.eL(フィール)」には、赤血球作りには欠かせない良質な葉酸と吸収率の良いヘム鉄が配合されているので、手軽に鉄不足を解消することができます^^

主な配合成分:ヘム鉄(国産豚由来)/葉酸/国産イチョウ葉エキスなど

レビュー 鉄分補給サプリ「Fe.eL(フィール)」を使ってみた効果は?詳細レビューはこちら

おすすめ度: