イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」を徹底レビュー

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」を徹底レビュー

枕を「YOKONE(ヨコネ)」に変えるだけでイビキやSASにも効果的?

枕を「YOKONE(ヨコネ)」に変えるだけでイビキやSASにも効果的?

睡眠中にイビキをかく人は睡眠時無呼吸症候群(以下、「SAS」)になりやすく、SASの人はイビキをかいている人が多い、と言われているように両者は密接な関係を持っています。

そもそも、これらの症状が起こる主な要因が「肥満」なのですが、日本人に多い「痩せ型」体型の人でもイビキやSASを発症することが現在ではわかっています。

つまり、これらは誰にでも起こりえる病気なのですね。

SASは、深いノンレム睡眠時に仰向けになって眠っているときに、喉の部分にたまった脂肪が気道を狭くすることが原因であるとされています。

その結果、睡眠時に呼吸が止まったり低呼吸になるのですが、それと同時に狭くなった気道を空気が通る際の摩擦音としてイビキという症状が起こるのです。

これを「閉塞性(へいそくせい)SAS」と呼びます。

つまり「ヨコネ」は、横向きに寝ることを促進してくれる低反発枕なので、仰向けに寝るのを防ぐことで気道を確保し、睡眠中の呼吸をスムーズにしてイビキや閉塞性SASの症状を和らげる効果が期待できるのですね^^

ちなみに、私の場合はと言うと、現在一人暮らしをしているのでイビキやSASを発症しているかは正直わかりませんが、枕を「ヨコネ」に変えてからは睡眠中の呼吸がラクになっています。

また、先ほどもお話ししましたが、そのオカゲで今までの枕よりもグッスリと満足に眠れることが多くなり、日中は眠気を伴うことはほとんどなくなりました^^

眠っても疲れが取れない1番大きな要因は実はイビキです。仰向けで寝ると気道が潰れるため、イビキをかきやすくなります。そもそも、イビキというのは仰向けで眠っているときに狭くなった気道を空気が通るときの摩擦音によって起こります。これを改善させるためには、気道を確保し呼吸をしやすくなる横向き専用枕の「ヨコネ」が効果的です。

「ヨコネ」で眠ればイビキ・SAS対策にも?

(画像引用元:「YOKONE(ヨコネ)」公式サイト)

そもそも「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」て?

そもそも「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」て?

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」とは、睡眠中に呼吸が止まって「無呼吸」状態になったり、睡眠中の1回分の呼吸量が減って「低呼吸」状態になったりする睡眠障害の一つです。

この症状を持つ人は、睡眠中の呼吸が満足にできていないため、十分な時間を寝ているツモリでも睡眠自体の質は低く日中に眠気を伴います。

また、「イビキ」がヒドイ人もSASを発症している場合が多く、自分ではあまり気付くことはありません。

そのため、隣で寝ている家族やパートナーから指摘されて初めて気付くという場合が多いのも、この病気の特徴の一つです。

【関連ページ】

「YOKONE(ヨコネ)」を実際にマイベッドへセットしてみました

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」:ベッドに設置して布団をかけた状態。

布団をかけた状態。

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」:ベッドに設置して布団をめくった状態。

布団をめくった状態。

上記のとおり、「ヨコネ」を実際にベッドへセットしてみると結構な迫力があります。

「ヨコネ」は、横幅が広いので若干のスペースをとられてしまいますが、枕が布団からはみ出たり睡眠の妨げになるほど大きいわけではありません。

そのため、枕の大きさ自体が睡眠中に問題になることはないかな?と思います。

また、枕カバーには冷感素材が使用されているので、夏場の就寝時にはスムーズに頭を冷やしてくれそうです^^

ただ、カラーバリエーションが今のところ白ベースしかないので、寝汗などで汚れたりしたら目立っちゃうのがちょっと気になるところです。

それと、布団の色との組み合わせによっては、合わないことがあるかもしれません。

ちなみに、上記の画像は私が一人暮らしで住んでいる部屋のガチの寝室なのですが、色合いがちょっとイマイチだと自分でも感じています。(笑)

グッスリ眠るためのコツ

「ヨコネ」で眠る際には、枕の上半分(約15cm)or下半分(約12cm)のどちらかを使ってお好みの高さを選択できます。

なお、「ヨコネ」を使って熟睡効果を最大限に引き上げるためのコツは、下記画像のような体制で眠るのが付属のマニュアルで推奨されています。

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」:グッスリ眠るためのコツ。

「ヨコネ」でグッスリ眠るには?

  • うつむき気味がおすすめです。呼吸が楽になります。
  • 仰向けよりも口を閉じやすい姿勢です。鼻呼吸が楽になります。
  • 肝臓がある右側を下にします。心臓が圧迫されにくいので体が楽になります。ただし、妊婦さんの場合は左側をお勧めします。胎児への負担が軽くなると言われています。
  • 下の手は枕の支えを利用して上の手は少し下にすると楽になります。
  • 上になる足は少し前に出すと血管が圧迫されにくく楽になります。

(引用元:同梱マニュアル「ご使用について」)

ちなみに、私はどちらの高さも試してみましたが、下半分側(約12cm)を頭に乗せて寝た方が断然眠りやすかったです^^

枕の高さを調整するには?

これまでお話ししてきたように、「ヨコネ」は高さがある低反発枕なので慣れるまでに少し時間がかかったり、特長の一つでもある枕の高さ自体が合わない場合があるかもしれません。

そんなときには、下記画像のように枕本体の背面にあるファスナーを開けて、中のクッションの枚数(2枚)を調整することでお好みの高さに変更することができます^^

ただ、枕カバーを開けてクッションを取り出す際には、あまり力を入れすぎると枕カバーが破けてしまいそうなので、力の入れ加減にはちょっと注意が必要です。

実際にクッションの取り出しを試してみたところ、勢い余って枕カバーを破いてしまいそうだったのでちょっと怖かったです。

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」:枕カバーの取り外し方。

枕本体の背面にあるファスナーを開けてください。

イビキ・SAS対策にもおすすめの低反発枕「ヨコネ」:枕カバーを空けた状態。

枕カバーを開けるとこんな感じになります。

「YOKONE(ヨコネ)」の通常価格とお得な購入方法

「ヨコネ」は、通常価格で1個18,000円(税抜)もするので、一般的な枕と比べるとハッキリ言って高いです。

そのため、「ヨコネ」を購入する際にはかなり悩んでしまうと思います。

実際、私自身も購入時はかなり悩みましたし、【注文を確定する】ボタンを押す際にもしばらく画面を見つめていました。(笑)

だって、たかが枕1個で18,000円ですよ?

消費税を入れたら約20,000円なんですから、そりゃ悩んでしまいますよね……><

しかも、サプリとは違って初回割引や定期割引があるわけではないですからね。

でも、そんな高額な低反発枕であってもお得に購入する方法があります^^

結論から言えば「ヨコネ」を2個セットで注文することです。

なぜかと言うと、2個セットで注文すると今ならさらにもう1個無料でプレゼントしてくれるからです^^

つまり、合計で3個届けてくれるということですね。

税込で約20,000円する低反発枕が1個無料になるなら、かなりお得になると思いません?

ただ、1人暮らしの人は、「1個あれば十分、同じものを2個も3個もいらない」と思うかもしれません。

ですが、2個セットの注文なら例えばこんな利用の仕方があります。

  • 1個は自分用に。残りはご家族だったり、父の日や母の日または還暦祝いなどでご両親へプレゼント。
  • 普段からお世話になっている人や大切な人への贈り物としても◎
  • 恋人や友人、仕事仲間との共同購入として利用する場合にも便利♪

注文数量や注文金額に関わらず、送料が無料なところもうれしいですね^^

(購入例)

【不定期で単品を3回購入した場合】

18,000円×3=54,000円

【2個セットで注文した場合】

18,000円×2=36,000円+1個無料

↓   ↓

18,000円お得♪

※価格は税抜表記です。

「YOKONE(ヨコネ)」のおすすめポイント・注意点

これらを踏まえ、以下では「ヨコネ」を使っていて感じたおすすめポイントと注意点を整理してみますね^^

おすすめポイント

  • 横向きに寝ることを促進してくれる低反発枕なので、睡眠中の呼吸時の気道が確保されやすく、イビキや睡眠時無呼吸(SAS)の症状を和らげる効果が期待できる。
  • 枕カバーには冷感素材が使用されているので、睡眠時の頭部体温をスムーズに下げることができて熟睡しやすくなる。
  • 丁度良い固さと弾力がある低反発枕なので、頭を乗せても枕が沈みこまずにしっかりと頭と首を支えてくれる。
  • 枕の高さと肩幅がピッタリとフィットするので、睡眠中の姿勢が安定するようになった。
  • 睡眠中の姿勢が安定するようになったオカゲで、睡眠中にかかる首・肩・腰への負担が軽減されて、日中は体の痛みを感じることが少なくなった。
  • 今までの枕よりも睡眠中の呼吸がラクになったオカゲで、夜はグッスリと眠れることが多くなり、日中に眠気を伴うことはほとんどなくなった。
  • 中のクッションの枚数を変更することで枕の高さ調整が可能。
  • 配達時には白いビニールで丁寧な包装で届けてくれる。
  • 注文時には「ソフト」or「ハード」のどちらかの枕の固さを選べる。
  • 2個セットで注文すると今なら1個無料で枕が付いてくる。。(合計3個届けてくれる)
  • 2個セット注文なら、家族や両親・大切な人へのプレゼント、恋人・友人・仲間同士での共同購入としても最適。
  • 注文数量や注文金額に関わらず送料が無料。
  • 現在、ペッタンコ枕を使っていて普段から寝心地が悪い人にはもちろん、イビキ・睡眠時無呼吸(SAS)対策としてもおすすめの低反発枕。

注意点

  • 一般的な枕と比べると価格が高い。
  • 高さ(約12~15cm)があるので枕に慣れるのに少し時間がかかる。(高さ調整可能)
  • 「横向き寝」を促進する枕なので、仰向けでは寝づらい。
  • カラーバリエーションが今のところ白ベースしかないので、汚れが付いたときに目立つ。
  • 枕本体は洗えない。
  • 枕カバーを洗濯機で洗うときには、ネットに入れた方が良い。
  • イビキや睡眠時無呼吸(SAS)の治療を目的とした低反発枕ではないので、これらの症状を完治させることはできない。
  • 中のクッションを取り出す際、あまり力を入れすぎると枕カバーが破けてしまいそうなので、力の入れ加減には注意が必要。

「YOKONE(ヨコネ)」を体験した人たちの口コミと評判

■もっと早くから使っていればよかった!私にピッタリの横寝促進枕!

横向きで寝ることが多いためか、今使っている枕は低く感じイマイチ合わないのかなと思っていました。

ヨコネが届いて、頭を乗せてみるとしっかり支えられている感がありました。

横寝の状態でも肩は痛くなくこんな快適な枕は初めてだと思いました。

もっと早くから使っていればと急に後悔しましたがこれからは快適に寝られると思うと幸せです!

朝起きた時は、とてもスッキリした状態でした。

これからもこの枕にお世話になります!

■安眠、いびき対策に!

私にとって、魔法の様な枕です。

先ずは、全くいびきをかかなくなったそうです。

疲れが残り、昼も少しの時間があれば居眠りしていたのが、ほぼなくなりました。

睡眠外来にも行ったのに、枕ひとつでこんなに変わるなんて。

感謝しかありません、ありがとうございました。

■両親へのプレゼント

眠りが浅い母にプレゼントしたところ夜中に目が覚めることがなくなりました。

父にもプレゼントし、2人とも愛用してます。

私も利用しましたが確かに寝心地が良くすぐに眠れます。

(口コミ引用元:「YOKONE(ヨコネ)」公式サイト)

「YOKONE(ヨコネ)」のレビューまとめ

先ほどもお話ししたとおり、ヨコネは一般的な枕と比べれば少々高額ですが、枕自体は毎日使うものですよね。

また、枕だけに限った話しではありませんが、毎日使うものであれば、値段が少し高めでも品質の良いものを使った方が良いと、個人的には考えています。

例えば、仕事で毎日使う道具なども品質の悪いものを使っていれば、それによって完成される商品のクオリティだって落ちてしまいますよね。

それは、健康的な体を作るための睡眠にも同じことが言えると思うんです。

なぜなら、睡眠の質は健康や日中のパフォーマンスに対して大きな影響を与えていますから、毎日使っている枕の質が悪ければ睡眠の質も落ちてしまうのは当然と考えているからです。

また、睡眠の質が落ちれば、日中のパフォーマンスだってダウンしてしまいますし、健康にも悪影響を与えてしまいます。

私が枕を新しく買い替える際にヨコネを選んだ理由の一つとして、枕は「毎日使うもの」だからこそ、少々高額であっても睡眠の質を手軽に良質なものにしたいと思ったからです。

「高額」と言いながら「手軽に」はちょっと矛盾しているかもしれません。

ですが、3~5年の中長期で見た場合、オーダーメイド枕でもないのにこんなに高品質な低反発枕を2万円弱で手に入れることができたなら、「とても良い買い物ができた」と思っています^^

オーダーメイド枕にしたら、いくらになるかわからないですからね><

実際に使ってみたら値段以上の満足感を得られていますし、中長期スパンで見ればコスパも抜群な低反発枕だと思うので、私は「ヨコネ」を選んで良かったです^^

私が実際に使ってみたレビューは以上ですが、この商品を試してみたい場合には公式サイトからの注文が確実です。


↓「YOKONE(ヨコネ)」のよくあるQ&Aはこちら↓

シェアする

フォローする

この記事が役に立ったらいいね!しよう!

この記事に関するご意見・ご感想はお問合せフォームよりお願いいたします。

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL通信